旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

石炭の匂いの町

RIMG0230_convert_20120510100300.jpg
家も人口も確かに増えた。  モンゴル南東部のサインシャンダの町だ。
12年前に列車で通りかかったとき、窓から眺めたこの町は・・・全く何もないところだった。
白っぽい平らな砂の上に ポツポツとオモチャのような家が幾つか建っていただけ。
今回 初めてこの駅に降り立って 町に来てみるとこんな景色が。  今は人口が3万人ほどらしい。
冬はマイナス20度以下、夏は30度と言う砂漠気候に分類される 厳しい地域だ。  家々の間にも
ゲルが幾つか見られる。 厳しい気候であるのに 建物は割にイージーな感じだ。 寒さに対抗できる
のだろうか。 向こうには砂の山が横たわる。 町は ほんの10~15分で途切れてしまって すぐ
に 果てしない砂ばかりの大地になる。  町を歩くと 空気に石炭の匂いが混じっている。
燃料は石炭を使っているようで 最新だと聞いたホテルでお湯が出ず…係に言うと、困った表情で
「では…今から石炭を燃して湯を沸かして運ぶ」と返事。 楽しいなぁ、こー言う町♪
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/10(木) 10:04:10|
  2. モンゴル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<おはじき | ホーム | Coralway>>

コメント

お客が着いてから湯を沸かす・・。
霧の町さんの旅行は 今日はシャワーが使えませんというようなところが多いみたいですね。
日本のように 毎日お風呂! なんて国のほうが
世界では異様なんでしょうから
旅に出たら ちょっとしたことに目くじら立てないで おおらかな気持ちで楽しみたいですね。   
  1. 2012/05/10(木) 20:43:46 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

今の日本は 世界の非常識と言えるくらい 特異な国なんでしょうね。
コレが当たり前だと思ってしまう事のないように
不便な土地に行って 不便と感じないで楽しんでしまおうと思っています。
  1. 2012/05/10(木) 23:18:43 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1101-7ae95159
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード