旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

旅みやげ ⑦

RIMG0011_convert_20120429094430.jpg
トルコの中部の コンヤの町。 イスラム神秘主義と言われるメブラーナ教の博物館と廟があり 公開
されている。   敬虔な教徒が 引きもきらず訪れていて 内部の金色に輝く棺や遺品のそばで
膝まずいたり 頬を寄せたりして偲ぶ姿が見られる。  この教団の特徴は くるくると廻って踊ることに
よって神に近づくと言うのだ。 このように踊るんだと 等身大に近い人形たちの姿が何体も 設置した
部屋が設けられている。  なるほど・・・一種のトランス状態を目的としているのかな?
見ているだけで目が廻りそうだ。    ムスリムの方々は 何かあった時には こうして踊っているんだ
ろうか。 ちょっと異様な風景だなぁ。   で、館の入り口近くに こんな人形が地味に売られていた。
12cmくらいのものだが たぶん他では買えない。 安かった記憶が。(笑)
この博物館の庭に 真ん丸の巨大なマリーゴールドが たくさん咲いていたのを思い出す。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/04/29(日) 09:46:13|
  2. トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<沖縄のまんじゅう | ホーム | スーテーツァイ>>

コメント

霧のまちさん、こんにちは。

イスラム教にメブラーナ教という宗派?があったとは知りませんでした。スンニ派、シーア派は有名ですが、それ以外にもたくさんあるんでしょうね。

気になって調べたら、世界遺産になっていたり、7つの教えがなかなか含蓄がある良いものだったり、世界は広いですねぇ。
  1. 2012/04/29(日) 20:33:44 |
  2. URL |
  3. SUZY #-
  4. [ 編集 ]

さすがSUZYさん! どんな事にも積極的に対処されますね。 私も当地に行って初めて知りました。 そんな宗派?がある事をです。
仏教もいろいろあるように 枝分かれするんですね。
  1. 2012/04/30(月) 01:03:07 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1090-253643dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード