旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

旅みやげ ⑥

RIMG0006_convert_20120422084854.jpg
宗教の色が濃い地域への旅が割に多い。  と言っても、日本以外はどこでも それ相当の宗教のカラー
が ある。 イスラムの国への訪問もたまにはあるが モスクの様式の違いもおもしろい。
ムスリムの人たちの帽子は 各国ほんとうに色々で、コレクションが出来るほどだ。
これは モロッコの男子の帽子。  露店やスークなど 小さな売り場がたくさんあって カラフルなので
よく目に付く。 細い糸で丹念に編まれていて 色合いも自由な取り合わせだ。
その土地で・・・どう言う取り決めなのか デザインはどうやって決まって行くのかな。
白い無地の単にお椀型のものから 美しい模様入り、こう言った手編みカラフル型。  しかし、ぴったり
したツバの無い帽子と言った基本のカタチはある。
日本にコレを買ってきても 絶対に役には立たないが、土産で売っていると言うのも不思議な話だ。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/04/22(日) 09:09:04|
  2. モロッコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<北に行くひと | ホーム | チケット>>

コメント

そうなんですよね~!
どうしてこんなデザインが一般的になったのか?

「形」はまだ分かるけど「柄」が何故こうなるのか
わからない事が!その「柄」一つ一つにその民族の
歴史や価値観、文化が象徴されてるんでしょうねえ~。

旅みやげ、僕も必ず買って帰ります!

chempakaでした!
  1. 2012/04/23(月) 02:20:32 |
  2. URL |
  3. Chempaka #-
  4. [ 編集 ]

イスラムの帽子は本当に地域差があるんですよね。
あれは 特に決まりがなくて自由なんでしょうかね。 被るコトに意義があるってコトですね。
Chempakaさんのお宅にも 土産小物がぎっしりでしょうね。ところでインドには いつ?
  1. 2012/04/23(月) 09:53:22 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1083-859404af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード