旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

列車で11時間

RIMG0093_convert_20120419103917.jpg
ウランバートルから南下。  サインシャンダまで 約700kmを 9:30発 各駅停車の列車で
行く。  各駅だからスピードはゆるく、11時間もの長い行程なのだ。 寝台の車両が多く、昼間でも
そこでゆったりと過ごせる。 驚きなのが この列車の長さだ。 機関車も含めて28輌。
向こうが確認できないほど長い。 当然ながらホームの長さが足りない駅が多いが、どのみち砂漠地帯や
草原なので どこでも飛び降りられる。(笑)    ただし、車体が恐ろしく高いので 列車には3段の
階段付きだ。  貨物列車とすれ違ったが もっと連結が多い。   単線で 本数も限られるので
大量の運搬が可能なように 客車も貨車もど~んと長いのだろう。真っ青な広い空の下、まだモンゴルは
気温も低くて 川は凍っているし、草原にも汚れた残雪が見られる。 車窓からは 時々 羊や牛の群れ、
ポツポツとゲル、小さな可愛い駅舎 などが見えて 長い移動も全く退屈しない。
目的の サインシャンダには・・・果たしてナニがあるか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/19(木) 11:11:05|
  2. 世界の駅・ホーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<時計が三つ | ホーム | かまぼこ>>

コメント

28両もあるんですか?
よく 数えましたね。
中国からロシアまで続く鉄路。
運ばれるのは人だけではなく 国境を越えた買い出し人の荷物も載せられているんでしょうか?
貨物列車はもっと長い・・・凄いですね。
モンゴルのように海のない国は 船での輸送がないわけですから 大量輸送には列車でしょうね。
  1. 2012/04/20(金) 20:38:54 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

そうなんですよね、船の輸送は無いし、陸路に頼るしかないですね~。 平らな土地をぐんぐんと走る列車は勇壮な感じですね。
  1. 2012/04/21(土) 00:42:23 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1080-2b8127bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (75)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード