旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

中華料理は

DSC01324_convert_20120330100332.jpg
中国を訪れたり、経由したりすることは多い。    そこでいつも食べるのが 中華と言うことになる。
世界三大料理と言われるが さすがにブレない料理は凄い。  大抵は炒めたりするものが並ぶので
間違えようが無いとも言えるが。(笑)    これは 前に書いたタクラマカンの南側に当たる小さな町の
ホテルの料理だ。   ホテル自体は かなり寂れて砂がジャリジャリするし、驚いたのが キッチンに
皿が少なく 足りないと言ってどこからか借りてきたそうだ。  そんなホテルの食事は果たして…?と
思ったが 出てきたのがコレで びっくり!    いやぁ、遜色ないなぁ。
場末と見てたホテルでも とても美味しい食事で さすが中国と思ったものだ。
北京の四つ星ホテルでも 新疆のホテルでも 基本的には大差ないのだ。 食器などは 違うけどネ。
そして、長距離列車の食堂車で出される料理も 美味しさに格差があまり無い。 恐るべき中華。
日本と比べる必要はないが、列車で同じ水準の料理を即座に出せる環境はないのだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/03/30(金) 10:25:32|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<旅みやげ ⑤ | ホーム | 迷路>>

コメント

中国の旅行はどんな辺鄙なところに行っても食べるものに困らないのがいいですよね。
都会の大きなホテルよりもド僻地の野菜ばかりの食事の方がおいしかったりするし。
ただ入れる方はいいけど、出す方に苦労するんですよねえ(笑)。
  1. 2012/03/30(金) 11:17:21 |
  2. URL |
  3. lunta #iSlGiXh2
  4. [ 編集 ]

ああ、確かに。(笑)
中国は 美味しい炒め物天国ですね。何をどうしたら こんな味になるのかと言うくらいしっかり美味しいですよね。  食堂車で一番感動しました。
  1. 2012/03/31(土) 00:57:23 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

美味しそうですね。
「ひとたびは・・・」で フーミンちゃんが頼んでくれる料理とは だいぶ違うようですね。
西域とか 雲南 チベットのあたりは 今でも 食事に困るのかと思っていました。
  1. 2012/04/01(日) 22:50:58 |
  2. URL |
  3. ニャロメママ #-
  4. [ 編集 ]

ああ、「ひとたびは・・・」では 少しうんざり気味の食事でしたね~。
チベットではどうでしょうか・・・。
一度行きたいと思っていますが いつ行けるか。
  1. 2012/04/02(月) 01:03:33 |
  2. URL |
  3. 霧のまち #eCu.QEsU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kotaro605.blog57.fc2.com/tb.php/1065-9c7b8090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード