旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

最後の夕食

IMG_4859 (1)

最後のと言っても たった3泊なのでどうと言うことはないのだが、北京を自由に歩き回って胡同も満喫した
ので馴染んでしまい、ここを去るのが寂しかった。 名のある食事どころを目指してはいなく ホテルの周りを
ふらりと歩き、何かあるよ~と言った食堂で食べるのを最上としていた。 だから夕方7時ころになると さて
歩いてみる?と小さな路地を右に左に。  確かきのうあの辺に「串」という字が豆ランプで光ってたよね~と
探してみる。 串・・・そう!シシケバブを期待していたのだ。 北京は日本よりも遅くまで明るくて 8時でも
真っ暗ではない。でも早めに電気を入れた「串」の字がチカチカ光っていた。 茶色で統一したシックな店で
ちょっとヒョウキンな若い店員がスマホの翻訳アプリで日本語を出してくれるが時々オカシイ。(笑)
左はやはりあった羊肉ケバブで美味しくておかわり。 最後の夜はまったりと静かに過ぎていった。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/23(月) 08:57:09|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

門石

IMG_4855 (1)

北京を歩けば 少なくなったとは言え、胡同に出会う。 今回は胡同の多いエリアに行ったので余計に。
灰色の小型の石レンガに囲まれた均一な住居、寒さや外敵から身を護る建築なのだろう。 オリンピック
を境にかなりの胡同が壊されたそうだが 残念だ。 北京の人にとっては昔からある単に古い陳腐な建物
なのかも知れない。 が、今になって金持ちの外国人が四合院胡同を買い取って改築し、優雅な住まいと
していたりする。 で、胡同を歩き回ると・・・赤い門があって左右には門石が必ず置いてある。
昔は この形で、住んでいる人の職業や地位などを表していたそうだ。 現代ではどうだろう。
重い石だから仕事が変わったからとカンタンに門石を取り換えるのは難しい。 これを専門に造る職人が
いたんだろうなぁ。 門石に特化して集めるように撮影したら面白い写真集になるね。
  1. 2019/09/21(土) 10:01:01|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

鼓楼の内部

IMG_4849 (1)

一見、チベット仏教寺院のような造りの巨大な鼓楼。 太鼓の音がよく響くようにか・・・1階と2階の間隔
が高すぎて その2階に上がる階段がゾゾ~~!とするほど長く高く 昇れるんだろうかと心配するほど
だった。 手すりにしがみ付き、ヒイヒイ言いながら友と昇った。 やっとたどり着いた2階には大きな太鼓
が7つほど並んでいて、ちょうど太鼓打ちのパフォーマンス中だった。 これは下の公園でも聞こえていて
やってる!と勇んで昇ったのだった。 日に3~4回の太鼓打ちがあり、時間が掲示してあった。
私たちは途中からなので ほんの1~2分しか見られなかったが、なかなか迫力があって素晴らしかった。
見学者も多く、外国人もいた。 ここは太鼓だけでなく、建築や装飾の美しさも見られるそうだが、ゆっくり
見る事なく階段を降りた。 鼓楼と鐘楼の両方だと入場料は30元。 


  1. 2019/09/19(木) 10:57:23|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

鼓楼大街へ

IMG_4854 (1)

さて、南羅鼓巷の通りをよく歩き、出会った食堂で担々麺と涼皮を各々食べ、一休みしたら 羅鼓巷駅から
地下鉄8号線で鼓楼に行ってみようと決めた。 北京には時を知らせる「鼓楼」という巨大な建物が幾つかある。
8号線に乗って2駅目が「鼓楼大街」駅、それは私たちが泊まっているホテルの最寄駅「安定門」駅の西隣だ。
駅を降りて少し歩けば まず「鐘楼」の建物。 その200m南には「鼓楼」の建物が堂々と建っている。
この写真は鐘楼から鼓楼を眺めたもので、まっすぐ南を見ている。 2km先は そう、故宮なのである。
見下ろす下はちょっとした公園になっていて木陰が嬉しいがかなり暑い。 友がアイスを買って来たので有難く
頂く。 むろん手直しはあったものの大きな凄い建物。 奈良の大仏殿に似ている。 まず赤い鼓楼に昇ったの
だが、2階に昇る階段の高さにヘキヘキ。 急だし長いし、手すりに捕まりながら足腰の運動になりすぎた。
  1. 2019/09/17(火) 20:33:27|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

驚異の切り絵

IMG_4844 (3)

注目の南羅鼓巷はたぶん若者ターゲットのショッピングスポットだ。 当然、インスタにも映えるようになって
いるので分かりやすい目立つものがいっぱいだ。 中国の伝統工芸である切り絵細工の店に出会った。
やはりここは地味らしく人が少ない。(笑)  たくさんの切り絵作品がある中、これに目が行く。
たった10cmほどの直径なのに この細かい切り絵はどうだ。  福の字が全面的に切ってある。
これは有名な先生の作品だと聞いた。 価格は確か表示してなかったが、相当な高額だろうなぁ~。
こういった額縁になっている物と 掛け軸風のタペストリー型に二分されていた。 ほぼ全部が赤で切ってある。
赤と福は中国人の幸運の象徴、ありがたく購入する人がいるはずだ。 こういった「大人」御用達の店舗は
はっきり空いている。 扇子の店も美しいのだが 空いていた。
  1. 2019/09/15(日) 09:22:02|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:0

薔薇アイス

IMG_4838 (3)

人気の南羅鼓巷の通りをゆっくり歩いてみる。 昔の胡同を利用しているので 横に入る路地も普通に
あって何となく空気が抜けるのがいい。 普通の人々がそこには住んでいる訳で。  やっぱり目を惹く
アイディアを凝らした商品も多く、可愛くきれいだ。 中でも注目してしまったのはコレ。 精巧なバラの
形のアイス。 バラ型のアイスはテレビや本で見た事があるが、ここまで緻密ではなかった。
これは本当に凄い。 他のお客も思わず見入っていた。 まさにインスタ映えだ。 黒いバラまであって
どんな味なんだろう。 下に説明が書いてあるが・・・雰囲気しか分からず。 暑いのでフルーツを使った
飲み物やソフトクリーム、サンザシの懐かしい砂糖掛けもあった。 ヨーグルトは常温のものまであって
さすがに中国と今さらながら驚き。 シックな色の薔薇にしばらく見とれていた。
  1. 2019/09/13(金) 09:32:21|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

南羅鼓巷を歩く

IMG_4835 (1)

前回UPした地下鉄の駅の表示を右折してしばらく歩くと、ちょっとした門があり それが人気スポットの
「南羅鼓巷」入り口だった。 その横には 地下鉄の6号線と8号線が交わる「南羅鼓巷駅」があり、この場に
来るのはとても便利だと解る。 さあ、今の北京のおしゃれな場とはどんな所か。 南北にまっすぐに伸びる
800mほどの胡同を生かしたスポット。 この時点で11時ころだ。 けっこう暑くて大きな木が多いのが有難い。
古い胡同を使っているので左右に入る路地も当然あって 普通の民家?が繋がっている。
それぞれ個性的な店が集まるが やはり飲食店が多い。 カフェや冷たいデザートをインスタ映えするように
並べた店が多く、若者ターゲットらしく まぁ表面的な小奇麗な感じだ。 特に買いたい物もないし、じっくりと
眺めたい所も少ない。(笑) 書店などは全く無いし、日本ならちょっと前の原宿界隈というカラーだった。
  1. 2019/09/11(水) 09:56:11|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

流行りスポットへ

IMG_4833 (2)

旅の前に何冊かの案内本を読んでみると、利用したホテルの割と近くに ここ10年くらい?に整備された
おしゃれな通りがあるのを知った。 どの本にも載っている。 で、二日目にはそこに行ってみようと決める。
ホテルの場所から細い路地を南下して行く手もあるが・・・なんせ胡同では迷いそう。 大きな通りに一旦
出てから南に歩く。 そう、安定門内大街を南下だ。 広すぎる中国の台地! 近いと思ってた場所までが
なかなか遠い。 やっとここに突き当たる。 地下鉄の「南羅鼓巷」駅の立札。 ここを右折して駅に着けば
そこが目指すスポット。 でもまだ450mもあると書いてある。 遠いね~。  日本語読みなら「みなみらこ
こう」、中国読みなら「ナンルオクーシャン」。 この北側には古くから 鼓楼と鐘楼があり、その場所ですよと
付けられた地名。 胡同の立ち並ぶ所で、その一部を現代風にリノベーションして若者用にしたスポットだ。
  1. 2019/09/09(月) 09:15:38|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:0

胡同のトイレ

IMG_4828 (1)

中国を旅すると本当にトイレ話には事欠かない。 北京のような大都会から地方の村までトイレを見るのが
目的の一つになったりする。 今回の北京歩きでは3泊とも胡同の同じホテルに泊まったので 歩く範囲は
ほとんど胡同の中になる。 ここ数年 中国を訪れる事が多いし、旅の取っ掛かりが北京となる事が多々あった。
そこで気付いたのは 昔は無かった共同トイレが異常に増えたこと。 いろいろ調べると・・・ちょっと前までは
糞尿は「おまる」に溜め、収集業者が廻っていたそうだ。 近郊の農家に売っていた。 その業者も縄張り争い
が熾烈で都市人口が増えるにつれ加熱していったそうだ。 で、今は100mも行かないうちに「トイレ」に会う。
とても多いので中を覗くと本当にいろいろなスタイル。 ちゃんと個室になっている所、高さ50cmの仕切りしか
ない所、この写真の不思議な仕切りの所・・・汚れてはいないが相変わらず中国トイレは不思議に満ちている。
  1. 2019/09/07(土) 10:08:39|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

小さな食堂へ

IMG_4825 (1)

ホテル近辺はすべてが胡同で 込み入った狭い道があっちこっちへ。  何か見覚えのある物を記憶して
おいた方が迷わない。 灰色の同じ造りの平屋の建物ばっかり。 ふと食堂に行き当たる。
小さな超大衆的な店。 入ってみる? という訳で空いてたテーブルにつく。 一日の締めにビールだが
やっぱり北京では黙ってたら燕京ビール。 中ビンは大抵が6元。 メニューもズラズラとあったが、見当の
付くもので ニラ炒めと豆腐ナントカにした。 中国ではやはり大皿にドカンと来る。 とても二人で食べきれる
量ではないが、これ以上注文したら更に食べられない。 厚揚げや竹の子などを似た料理も美味しくて
家庭料理と言うジャンルの店だ。 近所のおじさんたちも食事に気軽に来る店のようだ。 このテーブルを
見ても年季の入った木製で 昔からやっている店だと伺える。 ホテルまで徒歩数分、近いのはいいなぁ~。



  1. 2019/09/05(木) 08:26:49|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード