旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

胡同の床屋

IMG_4824 (1)

雍和宮からホテルまでは歩いて戻った。 北京は広くて 碁盤の目のような区画になっているので地図を
見ても解りやすい。 が、日本人の感覚を捨てないと苦労する。 近くだと思って歩き始めても これが遠い。
沢野ひとし氏も同じ事を何度も書いている。 それを思うと日本は箱庭みたいなもんだ。 10分で着く?と
目論んでも30~40分はザラ。 足を棒にしてホテルに帰り着く。一服すると夕飯の時間になる。
胡同の中にはけっこう食堂もあるが、遠くからでは解らなく、その場に行って知る事が多い。 そんな食堂
を探してホテル界隈をぶらぶらすると床屋を発見。 当然ながら胡同は灰色の小ぶりなレンガ?で覆われて
いて住居も店舗も同じ造りだ。 窓も少ない。 白黒の市松模様のサインポールは中国の床屋マーク。
日本の3色に比べ、シックだ。 これ、夜の8時、北京の7月はけっこう遅くまで明るいのだった。
  1. 2019/09/03(火) 10:04:32|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

曼荼羅に会う

IMG_4823 (1)

雍和宮の幾つもの伽藍を順番に見て 最後の巨大な仏様を見上げ、堪能したあとは 行きと逆の側を
何気なく通った。 行きには見られなかった曼荼羅が展示してあり、逆を通ってよかった!と思った。
1メートル四方くらいの緻密な曼荼羅だが、真上から撮れる展示ではなかったので残念。
チベット仏教の曼荼羅は何かの行事の際、若い坊さんたちが何日も前から手をかけて作る。 行事が
終わればすぐさま跡かたなく「無」にしてしまうもの。 下絵を描いた上にカラフルな砂を配して 仏教の
教えを素に息を詰めるようにして作っていく。 そのサマは時々テレビのドキュメントで放映される。
しかし、この曼荼羅は模様が固定されている展示用だ。 前に来た時には見ていない。
これを見られたのは良かったが、なぜか坊さんを全く見かけず。 普段はどこで何をされているんだろう。


  1. 2019/09/01(日) 10:08:26|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2
前のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード