旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

草原のトイレ

IMG_2951 (1)

ラクダを飼う家族のゲルの50mくらい前に「トイレ」があった。 見渡す限りの大草原の真っただ中の
トイレは棒を立てて その辺の布を3方に巻いただけの超簡易方式だった。  順番に入ってみると、穴を
掘って板を2枚渡しただけだった。 青空トイレには違いないけど ま、覆ってあるだけマシ。
何もない青空トイレだと・・・ここは全くさえぎる物もないので本当に困る。  いっぱいになったら穴を埋めて
別の場所に新しく穴を掘ればいい、そういうシステムだろうな。   でも、妙に立派なトイレが出来ていても
イヤだなぁ。  これが最適かも。笑   私は今までいろんな場所で青空トイレの経験をしてきた。
やはりモンゴルが多いけど 中国やパキスタンでも。 そのたびに「いい経験だぁ」と楽しむ心満載だ。
通称「お花摘み」。  今後何回そんなことが出来る土地に行くのだろう。
スポンサーサイト



  1. 2019/02/28(木) 20:11:04|
  2. モンゴル
  3. | コメント:2

ゲルの中

IMG_2966 (1)

遊牧民の住いのゲルは密集してはいない。  今回訪れたラクダ飼い家族のゲルも 何もない場所に
ポツンとあった。 家が密集していたら何百頭という動物が混じってしまうし、何よりもエサになる草の確保が
難しくなる。  ゲルにお邪魔すると入り口から正面の壁には神棚がしつらえてあった。 ここは一番の神聖な
場所で大切な物をここに飾ったりする。 昔、行ったゲルにはダライラマの写真が飾ってあった。
ここには写真など思い出の多くが置かれている。  この家の主婦は30代くらいで 羊毛フェルトで細かい
雑貨を作って、訪れた観光客に買ってもらうというサイドビジネスをしていた。 モンゴルもすっかり貨幣経済。
現金収入を誰もが求めている。 私も彼女が作った10cmほどのフェルトラクダを購入。 日本円で200円
くらいだった。 大平原で何もないと思えるこの場の暮らし・・・人間って凄いなぁと静かに思った。
  1. 2019/02/24(日) 08:24:02|
  2. モンゴル
  3. | コメント:0

砂丘の上へ

すなうえ2

ラクダに乗って砂丘のキワまで来て一旦降りる。 近づいてみると砂丘は思ったより大きい。
10m以上の高さがあって皆で上り始めた。 ハダシが一番いいと言うことで スニーカーとソックスを
脱いでガシガシと登る。 砂が少し冷たくていい気持ちだ。 見晴らしがいいと言っても 下とほとんど
変わらないだだっ広い風景。 写真だけ見ると本格的な砂漠に見えるけど、草原にポツポツとある
小さな砂丘のひとつだ。 どうしてこのような地形になったのだろう。 モンゴルは草原が基本的に多く
その草のタネが徐々に飛んできて根を下ろしながら 砂ばかりの台地に「草の原」を形成していったの
ではないだろうか。 ←私の持論(笑)   今回の旅でここに来るのは私の大きな目的の一つだった。
世界にも例がない不思議な地形だから。 砂丘の上では子供になったような無邪気な楽しさだった。
  1. 2019/02/22(金) 10:35:27|
  2. モンゴル
  3. | コメント:2

不思議な砂丘で

らくだのり

南ゴビと言ったらラクダ。 前回UPした燃える崖から更にクルマで進んだ先に 一軒のゲルがあった。
民家のゲルでラクダ飼いの家族が住んでいた。 30代くらいの親と小学生くらいの子供。
ここではもちろんラクダ乗りをする。 この土地は不思議な風景で 草が生える草原に突然のように砂丘が
ある。 ドローンで見たらきっと面白いだろうな。 幾つかのベージュの砂丘が散っている感じ。
何頭かのラクダに乗って向うの砂丘をぐるりと回って来る30分くらいの体験。 ラクダに乗るのは何回目だろう。
平坦な地を一周するだけなので子供も気楽に「仕事」をしている。 ここは「モルツォグ砂丘」と呼ぶ土地だ。
世界でもこのような形の地形は無いそうだ。 モンゴルラクダはフタコブなので中東のような鞍は無し。
この写真はもちろんラクダの上から撮影したもの。向こうの 明るい色の砂丘が眩しい。
  1. 2019/02/20(水) 09:27:55|
  2. モンゴル
  3. | コメント:0

燃える崖へ

IMG_2970 (1)

さあ 今日はキャンプから北へ向かう。 4輪駆動車で道なき道をひたすら走る。 同じような平らな地
なので一見 デコボコが少なく見えるが・・・実はかなりの起伏があってポンポンと跳ねる。
椎名誠のモンゴル記でも何度もそれが書かれていた。 車内の何かに掴まっていないと体の平衡が保てない。
そして着いた場所は バヤンザク。 ザクと言う木がバヤン(たくさん)と言う意味だが 今はほとんど伐られて
しまって面影はない。 赤茶色の崖が広範囲にあって ここでは恐竜の卵が世界で初めて見つかった場所と
して有名だ。 もちろん化石で。 一面が平らで変化がないゴビの砂漠地帯だが ここは珍しく崖が幾つか
あって向うの端までどんどん進む人もいた。 夕日に照らされると真っ赤になるので「燃える崖」の別名も
ある。 ここに来る途中、何度も遠くに蜃気楼が見えた。 不思議な感覚だ。
  1. 2019/02/18(月) 08:59:49|
  2. モンゴル
  3. | コメント:2

砂漠で咲く花

砂漠花

ゲルに泊まった朝は牛の鳴き声で起こされた。 すぐ近くまで放牧の牛たちが来ているようだった。
いいなぁ~、牛の声で起きるなんて。 さぁ 起きてゲルの外に出てみる。  東の地平線から日が出て穏やかな
朝の時間があたりを包む。  何度も深呼吸をしながら周辺を眺めてみると はるか向こうに数十頭の牛の群れが
見えた。 今はゲルの近くにはいなくて 全部が固まって集団になっている。  足元を見ると可愛い花があちこち
に咲いている。 白に近い色のコンボルブルスだ。 2cmくらいの花で、藤色の花は近所で見たことがある。
あとで調べると 世界には200種くらいあるそうで、草丈も様々。 ここの花はやはりほとんどが地面に張り付く
ように咲いている。 乾燥地帯で長い茎は望めないのだろう。 最近の雨で一気に伸びて開花したのかも
知れない。 北の草原地帯と違って やっぱり草の種類はうんと少なく、どれもが地面に張り付いていた。
  1. 2019/02/16(土) 09:13:14|
  2. モンゴル
  3. | コメント:0

砂漠でフレンチ?

ゲル夕食

ゲルが何十個と連なるツーリストキャンプ、食堂は専用の建物が一棟あり、そこで食事をする。
しっかり建てられた先進国の建物と同じ建築で、モンゴルの砂漠にいるのを忘れる。 更に 食事はコース
になっていて デザートまで付き さながらフレンチかイタリアンの格好で出て来るのにびっくりした。
まぁ、確かにこんな感じの方が食べやすいのだが・・・ゲルと言い 食事と言い これでいいのだろうかと
気持ちの中でいろいろが揺らぐ。  この皿もそうだが、余白の部分に緑色の粉が振ってある。 ハーブを
粉末にしたものだろうか。 こんな事も新しいことだ。  99年に泊まったゲルの食堂ではすべてがモンゴル
だった。 カマボコ型の白いチーズは獣臭くてどうしても食べられなかった。 だけどそれがモンゴルなんだと
妙に感動した記憶がある。 SNSで拡散される今、西洋人に気に入られる事が最重要なんだろうか。
  1. 2019/02/14(木) 09:44:15|
  2. モンゴル
  3. | コメント:2

まっ平らな風景

IMG_2906 (1)

夕暮れの大平原。  地平線はまっ平らで360度 直線だけの風景だ。 雲が出ていて光り輝く夕陽は
少し無理だった。 今夜は 星空の観望会がゆるい目的としてある。 無理かもなぁ~。
この何もない地平線のフチに立って思ったのは、99年に初めてモンゴルに来る時 宮本輝の「草原の
椅子」を読んだ。 本のコシマキに「途轍もない風景を見たら・・・」と言う文句が書かれていた。
あの本では主人公と友人が人生に疲弊し、タクラマカン砂漠からフンザに至る旅をしている。 私の友人
が、モンゴルに行けば人生観が変わっちゃうかもよと言ったが、狭くデコボコした日本の地にいれば、確か
に 言えるかも知れない。 何度も深呼吸をしながら地平線を満喫する。 山や何かの突起が皆無なのが
何だか不思議だ。 この日は満月に近い月齢と雲のお陰で降るような星空が望めなかった。
  1. 2019/02/12(火) 09:51:40|
  2. モンゴル
  3. | コメント:0

ゲルの中は

IMG_2911 (1)

ゲルの中に入ってかなり驚いた。 ゲルと言えば付き物の真ん中のストーブが無い。 色も質素と言うか
シック過ぎる。 モンゴルカラーのオレンジ色がどこにも見えないし、絵が描かれた家具もなく、この
チェストのような家具もベッドもすべて白木製だ。 しばらく面食らった。 ここはツインのゲルで ベッドの
上には薄い布団と毛布が置いてある。 大きくハの字型に二つのベッドが置かれている。
モンゴルにはこうしたツーリストキャンプが今や星の数ほど出来ていて 大半はこの形式かと思う。
99年にカラコルム(ハラホリン)のゲルに泊まったが 全く昔ながらの様式で夜はストーブを焚いたし
古い羊毛フェルト敷きの室内だった。 今回の と言うか このゲルは「ゲルと言う格好のホテル」だ。
この方がどの客にも受けるのか、更に水回りを見てその想いを強くした。
  1. 2019/02/10(日) 10:58:57|
  2. モンゴル
  3. | コメント:2

ゲルに着いた

IMG_2885 (1)

空港からクルマに揺られ、ツーリストゲルに移動した。 平らな土の上にまばらに草がチラホラある場所に
幾つものゲルが立ち並んでいる。 方向が分かる山や建物が無いし、同じゲルが建っているので時々迷う。
自分のゲルはこれ。 ナンバーが付けてあり 15番だ。 地平線はまっ平らで360度果てしない。
さあ、ゲルに入って荷を解き、一息したところで ドアの締まりが悪いのに気が付く。 雨が2日ほど続き、
木が膨張してピタッと閉まらなくなっていた。 これでは寒いし、すきまも5cmもあるので さすがに困る。
スタッフが駆けつけてくれて苦慮していたが、膨張は急には戻らない。 厚手の毛布を内側にピッタリと
掛けてくれた。 たぶん日本なら事前に見回って何かの手を打つ所だが、そこはこの国。(笑)
それとも滅多に降らない雨で この結果は想定外だったのか。 さあ、ここで二泊のゲル住まい。
  1. 2019/02/08(金) 09:24:27|
  2. モンゴル
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード