旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

南ゴビに到着

IMG_2882 (1)

プロペラ機は定刻にダランザドガドの空港に着陸した。 下を見ながら来たが・・・町らしきものが見えなかった。
どうも町の方角が見える範囲ではなかったらしい。 木はあちこちにまばらに見える。 空港ビルはこの建物だ。
ゴルハンサイハン空港、 写真には入ってないが、この空港のマスコットキャラは なぜか赤いラクダだ。
空港の中は 簡単な売店と県の地図、この県の代表モノを説明したボードなどが壁の上部に掲げてある。
こういう小さな空港、好きだなぁ~。   プロペラ機は定期の運航便で夏場は観光客も多いので当然ながら
便数も多い。 モンゴルにはこの手の国内用の会社がいくつかあるようだ。 でも風などの飛行条件が
厳しい事が多く、欠航になる率も高い。 今回は問題なく飛べて本当によかった。 
さあ、これからクルマで一時間ほどのツーリストキャンプに走る。 砂漠地帯の道は・・・いかに??
  1. 2019/02/03(日) 09:28:40|
  2. モンゴル
  3. | コメント:4

褐色の台地を

IMG_2879 (1)

ウランバートルからダランザドガドまでは600キロ。 約1.5時間のフライトだ。 ウランバートル近辺は
建物も多いし、緑色の地面もたくさんある。 が、それもすぐに消えて だんだん茶色の土地が広がってくる。
夏場でさえこれだから、他の季節は更に荒涼とした大地だろうな。  所々に見える小さな緑の下には
きっと地下水があると思う。 5年前に隣の県の砂漠地帯を延々と走った時、井戸があって豊かに水が
確保できる場があった。 そこで放牧された牛たちに水を与えていた。 そんな場所があるんだとびっくりした。
プロペラ機はだいたいこの高度でずっと飛んだ。 視界を遮るものもなく、ほとんど同じような褐色の台地を
眺めながら進む。 私は 小さな飛行機で小さな町に降り立つのが大好きだ。 空港はどんな感じだろうか、
町の様子は規模は? など期待にワクワク。 中国の庫車(クチャ)の小さな空港を思い出したりした。
  1. 2019/02/01(金) 09:40:10|
  2. モンゴル
  3. | コメント:0
前のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード