旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

北京の街角で

町筋

前回UPした ホテル前の道を進み、右に曲がるとこんな風景になる。  目の前の クルマが走る通りが
雍和宮大街だ。  埃だらけの案内表示が胡同を示している。  そして地下鉄の駅の案内も。
中国はやっぱり食の国だと思うのは 歩いていると食堂がとても多い。  大小いろいろな食べ物屋が必ず
すぐに見つかる。 そして大衆的な店だと 店先で饅頭を蒸したり 包んだりして外に向けてアピールするので
分かりやすい。 北京は空気が悪いかな・・・と心配していたが この日はそうでもなく普通だった。
日本の大通りに比べて何となくおっとりとしていたのは何故だろう。 ふと思ったのは 日本はきれいだがイヤに
横文字が氾濫している。 物や店名もスマートなのは英語だろうと言う暗黙信仰がどうもある、未だに。
そこに行くと中国はちゃんと漢字で英語は補助。 それが街をある意味 魅力的にしているなぁ。
  1. 2017/10/10(火) 09:02:53|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:0

胡同の木陰で



夏は暑く 冬は寒い北京だがこうした大きな木が通りを覆って 通る者を守ってくれている。
暑いインドでもこんな形が多かったなぁ、その下で牛が円陣を組んでいた。(笑)   ホテルの玄関前の道が
これだ。 灰色の塀に囲まれた中には 八百屋や食堂、中には四合院ホテルまである。 が、入り口まで行って
中を覗いて初めて解ったりする。 こんな通りにトイレのマークもあり、公衆トイレとなっているようだ。
その辺は 昔とは様変わりした点かと思う。 この道をもう少し前に進むと 雍和宮大街に突き当たる。 その大街
から横に入る幾つもの路地が胡同と言われる昔ながらの道。  北京の面白さはこの胡同で 世界の写真家も
胡同を撮り続けてきた。  私は92年に初めて北京を歩いたが その頃はもっと胡同だらけだった。
政府が否応なしに命令して壊し続けてきたが 特に北京五輪の前には大量の胡同が無くなったはずだ。
  1. 2017/10/08(日) 09:26:20|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

利用したホテル

北京ホテル

今回の旅で利用したのは北京ではこのホテル。 故宮を中心にすれば右上方向になる。 首都空港への
道が始まる場所に近い。 北京はもの凄く広いので場所によってはとんでもなく遠くなる。  このホテルは古く
格調もある。 大通りに面した四角のビルのホテルは一番味気ないけど その点 ここは一歩出ると胡同なのだ。
大きな木が路地の上に張り出し、豊かな木陰を作っている。 ホテル前の道を右に行くと、つまり西に進むと
2~3分で雍和宮大街に突き当たる。  南北に走るきれいな通りで もちろんその北側には雍和宮がある。
ホテル界隈は幾つもの胡同が網の目のようになっていて、囲いの中には食堂や八百屋や市場があり、四合院
ホテルまである。 全てが灰色の小さなレンガで囲まれていて古くなっていい味を出していて カメラを向ける人も
いた。 ホテルは古いのでピカピカきれいではないが、客室はちゃんとしていて枕はお気に入りだった。
  1. 2017/10/06(金) 10:19:04|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:2

山々に白いもの

植林

話が少し前になるが 大同ー北京の列車からの風景のひとつだ。   黄土高原に当たる山西省から北京の
少し手前までは 起伏が大きく木も少ない黄色っぽい山がほとんどだった。 たまに平地に会うが それも
住民が長い時間をかけて開墾した結果だと思う。 6月の今は畑にはトウモロコシがほとんどだった。
トウモロコシは世界で一番多く作られる作物だと言う。   濃い緑の30cmくらいに育ったその畑は美しかった。
北京にかなり近づいた辺りで写真のような山々に出会う。  白いのは何だろう・・・と友人と話した。
ゴミが散っている感じでもない。 アタマを巡らして考えるに・・・植林ではないかと。 このまま地面に植えれば
乾燥や痩せた土ですぐに枯れるので、湿気と肥料を含んだ土で小さい苗を保護する。 仮説だけどそう考える
しかないなぁ。 いくつかこの風景を見た。  日本からの植樹ボランティアも山西省には多く行くと言う。
  1. 2017/10/04(水) 09:40:08|
  2. 中国ー大同
  3. | コメント:0

北京駅に着いた

北京駅

私達が乗った K616列車は 大同から5つ目の終点「北京駅」に到着。  う~ん、さすがの貫禄だ。
中国の大きな駅は 列車に乗る人と降りる人は決して混じらない。 通路が全く別になっていて 下車した人の
通路は何だか地味で暗っぽく、地下を通って表に出る感じだ。 北京には鉄道駅が4つあり、やはりこの
北京駅が主要になる。 完成も1959年と最も古い。 何年か前に来た時は改装中で一部にネットが掛かって
いた。 14:16に着いたので定刻が守られている。 中国は広いし路線も多いので 行く先によって駅が別れて
いる。 フランス・パリの鉄道みたいに。  日本のように何でもかんでも東京に集中させるのは権力行使か?
中国の駅舎が巨大なのは大きな待合室が複数あるからだ。 乗る列車ごとに待合室が違うので まずそれを
確認する。 指示があるまでホームには入れない。 彼らが来日したら違いにびっくりするだろうなぁ~。
 
  1. 2017/10/02(月) 09:49:54|
  2. 世界の駅・ホーム
  3. | コメント:2
前のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード