旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

中国の標識

ウルムチ
上海の銀座通りから少し西に歩いた辺りの 南北の通り。 何と烏魯木斉中路という。
暑い中 街をずいぶん歩き回った。 そこで分かったのは 日本に比べて格段に解りやすい表示の仕方だという事。
通りには必ず同色、同字体の標識があって 北と南の方角もあり、たとえ初心者にも見当が付きやすい。
日本の表示の仕方は 文明国にあって最低だと椎名さんも書いていた。 客観性に欠けているんだろうなぁ~。
「おらが村」の発想で作られている。 今、外国からの客が増えている この機会に本気になって改正して行かないと。
話は変わるが、上海にも「烏魯木斉通り」があるって面白い。 北京通りも確かに見た。  逆に、烏魯木斉でも
「北京通り」を見る事が出来る。 まっすぐ行けば北京に行く? そんな事は絶対にない。(笑)
どう言った名前の付け方なんだろう。  ということで、この標識のおかげで街歩きがとても楽しかった。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/26(火) 09:03:28|
  2. 中国ー上海
  3. | コメント:2

錦江飯店

ジンジャン
上海のホテルを選ぶにあたり、取りあえず今回は 妹が仕事その他で何度も利用した 錦江飯店を選んで
この北楼の部屋を予約。 古くは高貴な人のアパートメントだったそうで この北楼の他に 南楼と 高層のビルの
3仕様がある。 やはり人気なのはこの建物。(北楼)  アールデコのような優雅なインテリアとゆったりした造りに
クラシックさを感じる。 それでいて決して高くない。 ツインで14500円ほどなので一人だと7千円台とビジネスホテル
の料金だ。 ホテル建物の土地が広くて 芝生の大きな庭などがあり、コセコセしていない。
立地も大変よくて、地下鉄1号線の 陜西南路駅から徒歩3~4分。  日本で言えば銀座に当たる通りに近いので
ステキな店も多い。 南楼は幾分安そうで 今度利用してみよう。(笑) が、しかし ここは中国。路地を一歩入ると全く
気取らないたたずまいで、小さな食堂やマッサージ屋もある。 そこがいいトコロなんだよね。(笑)

  1. 2016/07/20(水) 13:56:25|
  2. 中国ー上海
  3. | コメント:2

中国東方航空

東方
今回、上海に向かった中国東方航空。 地元の静岡空港から毎日一便の運行。
上海から更に武漢まで行っている。 JALとの共同運航で 機材は B737-800  座席は 3-3
個人モニターは無し。 まぁ上海までは3時間足らずなので必要ないかな。  短時間でも機内食が出る。
しかし、今回 参ってしまったのは運行の遅れ。 静岡を15:40出発なのだが、その時間にまだ上海を出ていないと
聞いて唖然! 帰りには更に遅れた。 上海の浦東空港に時間通り行き 搭乗口に行けば貼り紙が!
悪い予感がして・・・やはり遅れると中国語と英語で書いてあった。 そこにいた係員に「大体どれくらい遅れるんです
か?」と聞くと 「分からない・・・まだ武漢を出てない」と。 うわぁ~~またか?! 1階の213ゲートには他にも遅延
の便があり、どんどんヒトが溜まって大混雑。 ローマ便も遅れてたが何とそのお客には弁当が配られた。静岡便には
説明も予定も全く無しに何と6時間の遅れ。明るい午後に着くはずが夜の9時に。 何なんだ~~!!!

  1. 2016/07/14(木) 19:44:10|
  2. 中国ー上海
  3. | コメント:2

チケット売り場

時刻
前回UPした上海駅を入ると そこにはすぐに切符売り場が展開される。 巨大な電光掲示板がズラリと並んでいる。
真っ赤と言うのもすごいなぁ。 字が見にくいけど、本日から翌2日までの表示があり、なんと今日のはもう完売。
さすが中国。 飛行機の国内線もたくさんあるのに やはりまだ鉄道の利用が一般的だ。 昔ほどじゃないが
荷物の多さもあると思う。 上海からは長距離列車もいっぱいあり、香港行きもあるようだ。 この蘭では見にくいが
銀川、厦門、広州、などがある。 烏魯木斉に行くのもここからだ。 気が遠くなりそうだなぁ。 少し前の紀行文で
女性服務員がそっけなく「没有!」という話が頻繁に出ていたが、こうして誰もが平等に買えるシステムだとラク。
この売り場の横には ジグザグに並んで係員にチェックされる誘導路があった。 ああ、ホームに行ってみたかった
なぁ。(笑)  しかし、さすが上海、人がどこも多くて埃っぽい。そしてウルサイ。歩きスマホなんて当たりまえ。
  1. 2016/07/08(金) 09:33:15|
  2. 世界の駅・ホーム
  3. | コメント:2

上海駅

えき
たいへん久しぶりに ちょっぴりの上海旅に出かけて来た。 妹と二人旅。
駅好きの私は、やっぱり天下の(笑)上海駅を 見学の目標の一つにした。 泊まったホテルは
地下鉄一号線の駅から近い場所。  だから一本で上海駅まで行けるし近い。
一号線を「上海駅」で降りると まっすぐな地下街?を抜けて階段を上がれば駅に出る。 が、古い
駅舎がまだ残っていてバリケードで覆われていた。すぐ隣にこの大きな駅舎。これは北駅側の建物だが
やっぱり中国を感じさせるなぁ。 何と言っても大きな駅で、発着本数がすごい。南駅と分担しているそう
だ。 そして駅前広場がまた大きい。中国では農村部からの労働者が 春節などに帰省する時に駅や
広場を埋め尽くす人数が集まるので広場が絶対必要だ。 ホームには入れないので表からの見学だった
が、巨大中国の一部を見たようでなかなか楽しかった。
  1. 2016/07/02(土) 15:52:05|
  2. 世界の駅・ホーム
  3. | コメント:0

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (48)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (16)
中国ー蘭州 (22)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (196)
植物 (60)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード