旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

タルチョ


チベット仏教圏を旅することも割に多かった。 10年くらい前にシッキムに行った時 初めて
タルチョがあちこちで風になびくのを見た。 ゴンパもたくさんあるので その周辺には当然のように
ものすごい数のタルチョ(ルンタ)が吊るされている。  ヒマラヤの白い山々をバックに、または橋の
手すりにも、そして山奥にも突然のように坂道に沿って 古いタルチョが木に絡まるようにある。
その時 その風景を見て何かの結界のようだと思った。  神がかっていて そこから向うには宿る
ものがあるんだと言われているような。 ラダックのゴンパはまた独特で 数百年を経た黒光りするほどの
床や階段と、5色のタルチョで埋め尽くされた段々の寺や宿坊への道。 風にハタハタと翻るたびに祈りが
天に届く。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/29(火) 20:57:29|
  2. インド
  3. | コメント:2

お気に入りの皿


ほぼ実物大のサイズ。  安っぽい皿ではあるが 気に入っている。
以前、スペインに行った時のもので 立ち寄ったサービスエリアで見つけた。 こう言った手描きの絵皿は
あの国にはとても多くて 皿のほか壺やカップなどもたくさん見かけた。 何よりもザクロの絵が良かった。
ザクロはスペインでは生産も多いようで昔から庶民に愛されてきた。 日本だと小さい酸っぱい実としか
認識がないが 中国の西部やイランやトルコ、中東などでは山積みで売っていて 大きくて甘い。
向うの人はタネまで食べてしまうので初め驚いた。 スペインでは何と言っても あのアルハンブラの敷石の
柄になっているし、地名の「グラナダ」は ザクロのことだ。 だからザクロを何かの柄に使う事が非常に多い
そうだ。 割れやすいモロい陶器だけに大事にしたい ザクロ皿。
  1. 2015/12/24(木) 19:08:42|
  2. スペイン
  3. | コメント:4

乾燥レモン

レモン
UAEの旧市街には いわゆるアラブ特有の店や市場がたくさん並ぶ。 今はここも観光の一つに
なってしまったので それなりに美しく整っている。 一番凄みを効かせているのはゴールド・スーク。
コレデモカ!と言う山吹色のボリュームたっぷりの品々が私たちを仰天させる。  そしてスパイス屋、乾物屋
なども次に多い。 これはナニ??と分からないものもたくさんだが、これもその一つだった。
何と乾燥させたレモン。 あとで調べてみると UAEで生産されてはいないようで イラン製かも知れない。
日本の楕円形の形のレモンとは少し違って ほぼまん丸で小ぶりだ。 砕いてスープに入れたり、お湯を入れて
レモネードのようにして飲むとほのかに香って愛用者が多いそうだ。乾燥した地域ならではの発想だなぁ。
機械など使わずに天日干しなんだろう。 私がオールドスークで一番ヘ~エと思ったものの一つだ。
  1. 2015/12/19(土) 10:30:46|
  2. UAE
  3. | コメント:2

手仕事


数年前に中国の店で購入。  デミタスカップなので ほんの小さなものだが、この「仕事」に驚く。
たった2客しかなかった。 あまりに細かくて材質が何だか分からない。カップの取っ手までびっしりとカバー
されている。 本来なら裏側にメーカー名が書いてあるのだけど・・・字などは全くなし。
明らかに洋物のデザインだし、香港あたりから来たんだろうか。 それともダイレクトにヨーロッパから?
価格も全然記憶がなし。(笑)  買って以来 一度も使ってない。  それにしても この編みカバーの目的は
なんだろう。 確かに丈夫にはなるが それ以上の「美」の価値を求めるものなんだろう。
これは古物なので 正統な価値での価格ではもちろんなかったが、新品で購入したらかなりの値段かも。
ソーサーの裏にも??と 驚きが倍になったことはよく覚えている。
  1. 2015/12/13(日) 10:05:35|
  2. 中国ー北京
  3. | コメント:0

ミニ普洱茶

茶
台湾で買って忘れていたものがあった。 ミニのプーアール茶だ。 直径が20cmくらいに円盤形に固めてある
いわゆる「餅茶」は 前に台湾のコーナーでUPした。  とても手が出る価格ではなくて 改めて驚いた。
プーアール茶は独特の匂い・・・早く言えばカビくさい。 カビを利用して発酵させてあるので当然なのだが
どうも慣れないと飲みづらい。 台湾の薬や乾物屋の多い 迪化街を歩いていたら何とこんな可愛いセットが!
とても安くてワタシ向けだ。(笑)   高級な「茶店」には置いてない みやげ品なんだろうなぁ。
包装紙も渋くていい感じ。  雲南省で採れたもので やはり発酵させて固めてある。 遠くチベットまで馬で
運ばれた経緯があるので 運搬しやすさと長くもつように考えられた末の形だ。 こうすると栄養価も保存できる
そうで 昔の人の考えに脱帽。 ミニでも包装により、中身が違うそうだが・・・ほとんど区別が付かない。(笑)
  1. 2015/12/07(月) 09:51:28|
  2. 台湾
  3. | コメント:4

富士山商品

富士山
富士山が世界遺産になってから 関連商品がまたまた増えた。 言うまでもなく 今までも多いコトは
日本でも有数だったには違いない。 2012年以降 更にコレデモカ!と言うほどあるのだ。
これは たまたま静岡空港の売店だが 近所の店にもけっこう置いてある。 「売り」は富士の伏流水を使って
いることだろう。 でも一度も飲んでないなぁ~。(笑)
単独の山だし美しいので商品にしやすい、流行りすたりが無い!(笑) こんな確固とした理由は確かにある。
ところで、これを撮った日 ちょうど中国への便が出る時間で 出国ロビーには長蛇の列があった。
帰国する彼らの荷物はやっぱりハンパではなく、背丈より高くカートに積み込んでいる人が多かった。
炊飯器もちゃんとあったし、他の家電やベビーオムツも。 どこで買ったのか・・・こんな地方の空港でさえも
爆買い風景が! 
  1. 2015/12/01(火) 11:14:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (48)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (4)
中国ー張掖 (16)
中国ー蘭州 (18)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (196)
植物 (59)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード