旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

「オキナワの家」

オキナワの家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)オキナワの家 (くうねるところにすむところ―子どもたちに伝えたい家の本)
(2004/12)
伊礼 智

商品詳細を見る

建築家 伊礼さんの書かれたこれは実は児童書だ。 でも 大人にもキッチリと納得の行く素晴らしい本。
この一冊で沖縄の家のあの形の理由がすべて解った。  単に家のことだけでなく、沖縄が経てきた歴史や
経緯も始めに書かれている。 戦後、アメリカ領になり、その後 日本に返還になった時の衝撃、小遣いがドル
から円に変わった戸惑いまでリアルな話だ。 亜熱帯の気候、強風、高湿度、水不足などを少しでも解消する
為の家づくりが昔から考え出されてきた。 説明が丁寧で細やかなので手に取るように解る。
今は観光向けに従来の街並みを作る箇所もあるが 一般住宅はコンクリート(スラブヤーと言う)になっている。
台風やシロアリには強いが熱を籠らせるヒートアイランド状態になってしまう。この工法はアメリカがもたらした
ものだそうだ。伊礼さんは今は東京で 沖縄のテーゲー(適当・たいがい)を取り入れた余裕のある建築を
工夫、展開されている。 この本を読んでから沖縄に行けば 現地の見方が変わるだろうなぁ~。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/25(水) 10:57:21|
  2. | コメント:2

古書店

DSCN1567.jpg
牧志の市場から裏の道に入って歩き回る。  壺屋あたりを歩いていると 古本屋を発見。 
入りたいのは山々だったが 少し疲れていたし、買っても荷物になるしなどと思いながら 真ん前で少し眺めていた。
こんな通りも けっこう引っ切り無しにクルマが行き交って店の写真を撮るのにも 待つ必要があった。
古書店の常設の青空古本の箱も置いてあるし、いい感じだなぁ~。 今となっては やっぱり入ってパラパラと
見ておくべきだった。(笑)  那覇の古書店と言えばアーケード内のウララが有名だけど こんな静かな場所も
いい。活字中毒気味の私には どこに行っても本屋や古書店は 向うから目に飛び込んで来るみたい。
今回は 新刊書の店も一軒覗いてみた。 沖縄関連の本は 内地よりは多かったが 取りたててコレハ!と感ずる
ものには出会えなかった。池澤夏樹さんが沖縄在住の頃は 古本屋に行った記述があったので ここにもフラッと
寄られたんだろうなぁ。
  1. 2015/02/22(日) 13:43:01|
  2. 沖縄
  3. | コメント:0

浮かぶ箸

DSCN1570.jpg
食堂の 食品見本だ。 こう言った「見本」すら もうかなり懐かしいなぁ。
そして 箸が浮かんでいる仕立て。 ソーミンチャンプルーの見本で これがけっこう有名なものらしい。(笑)
沖縄のブログなどには 画像を載せている人が多いようだ。 そもそも この「花笠食堂」自体が有名と言う事も。
私は那覇に行った時に必ず一度は利用する。 今回、ナーベラー定食をと言ったら ナーベラーがまだ時期じゃない
のでと言われた。 でもメニューにはしっかりと載っているんだけどネ。 八百屋ではもう見かけたので てっきり
あると思った。  で、この浮いた箸のサンプルだが、我が静岡県のあるお茶屋には 急須が浮かんでいた。(笑)
浮いた急須のクチから緑のお茶が注がれていた。 懐かしいなぁ~。  那覇の路地を歩いていたら サンプルの
工場があった。 家内工業の小さなところで、それすらも懐かしいたたずまい。 
でも このソーミン よく出来ているなぁ。
  1. 2015/02/18(水) 15:14:45|
  2. 沖縄
  3. | コメント:6

のーまんじゅう

まんじゅう
大きくのの字が書かれたまんじゅうだが、これは類似品だ。(笑)
本当は まんじゅうに直接 食紅で書かれている。 これはスーパーで見かけてつい購入。 本来の物は首里の
儀保にある店で作られていて「儀保まんじゅう」と言うのらしい。 のは のしを表していて祝いの時に使われる。
今ではすっかり沖縄銘菓になっていて わざわざ買い求めに行く観光客も多いようだ。 
のーまんじゅう、または のまんじゅうと呼ばれる。イーストが使ってあるので皮がフワッとしていて美味しい。 
中に餡子が入っている。 月桃の葉で包んで蒸すのが本来だが これは申し訳程度の5cm角の葉が裏に付いて
いた。(笑)  このまんじゅうは11cmほどあったが実際のものはもっと小型のようだ。 
同時に購入した かるかんは色が濃くて沖縄らしいと思ったから。
沖縄の菓子は 内地の物よりも全体的に色合いが強いみたいだ。 昔風が生きているのか、単に南国だから
風土に根差していると言った理由だろうか。
  1. 2015/02/14(土) 09:04:40|
  2. 沖縄
  3. | コメント:0

ポーク玉子

ポーク玉子
沖縄のソウルフード、「ポーク玉子」。 前に行った時 知らなくて 初めて見てびっくりしたもの。(笑)
今回はちゃんと心得ていてそして買って食べてもみた。 普通のコンビニおにぎりの1.5倍のボリュームなので
ちょっと昼にと言うとき ぴったりだ。 スーパーには普通に売っていて見ている間に売れていく。
沖縄のコンビニには ちゃんと定番化していて今回はバリエーションの多さに驚いた。 右側の油みそは基本の
定番だ。 「おにぎらず」の元祖と言うべきものだなぁ。  何でも取り入れる日本だけど、これを本土でも売り出す
と言ったハナシは無いようだ。 ま、あくまでも沖縄のモノだしネ。  スーパーに置いてあるのは「基本」ばかりで
こんなパッケージでなく、簡単にラップだけなので 中身がよく見えてローカル度を醸し出している。
コンビニが扱うと・・・どうもこんな「商品」になってしまうナ…。 今後も沖縄に行ったら必ず「基本」を食べるよ~!
  1. 2015/02/10(火) 09:50:32|
  2. 沖縄
  3. | コメント:2

一気に初夏!

夜景
立春を過ぎてなお一層の寒波が日本中を覆っている。  とにかく寒い。 災害の多い日本だが更に最近は
雪の害まで加わった。 そんな寒い時期だからこそ、短期だけど避寒をこころみる。 と ばかりに沖縄へ。
その日、静岡の朝は なんと1度だった。 那覇に着いたら 19度! 身も心も解けるような空気に 笑いが
こみ上げる。 街にはブーゲンビリアが咲き乱れて 半そでTシャツのヒトまでいる。 同じ日本か??!
たった2時間余でこれほどの差は 解っていても驚き。  夕方 ホテルから見える風景はRBC琉球放送の
建物や沖縄タイムスのビル。 いっぺんに沖縄チックな風景なのだった。 天気はどんよりした曇りで青空は
望めなかったけど 暖かいのでOK。 マイレージ消化でフリーで沖縄って 何かのご褒美みたいですごく
嬉しい。 たった2泊だが ゆるい空気とつやつやの緑と亜熱帯の果物を満喫しよう~~。
  1. 2015/02/06(金) 09:20:29|
  2. 沖縄
  3. | コメント:2

初めて見る花

RIMG0019.jpg
ベトナム北部 サパの町は山間にあるので坂道ばかりだ。 階段や崖のような場所もたくさんある。
そんな階段の途中の 横の茂みにこんな花を見つけた。 バナナの木に絡まるように美しい葉っぱがあって
よく見ると紫色の可愛い花が咲いている。  筒状の花は 5センチくらい。 カタチも珍しいなぁ~。
熱帯・亜熱帯の地域では 一見日本と同じような埴生に見えても、よぉく見るとこんなふうに 初めて見る花や
木がいっぱい。 もう絶対に退屈しない。  当たり前だが地元民は全然見向きもしない。
山の中を歩いていたら 花が終わってタネになった植物があったので コレハ!と秘かに採って来たのだけど
不発に終わった。 なぜなんだろう・・・。 旅の楽しみは人それぞれだが 私の場合は半分近くは そこに生える
植物たちだ。 グァムに行っても海などそっちのけで 熱帯の花々観察だった。(笑)
  1. 2015/02/02(月) 09:55:30|
  2. ベトナム
  3. | コメント:2

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (49)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (197)
植物 (62)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード