旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

なんとウナギ?!

RIMG0226.jpg
再び アモイの海鮮料理の店内だ。 沙虫などショッキングな海産物をUPしてきた。   これも少し衝撃。
なんと ウナギだ。  ウナギをこうして稚魚のまま料理するんだなぁ・・・。    ウナギと判っていても何だか
食べる気がしない。  日本ではウナギが高騰して うな丼がどんどん遠くなっているけど この稚魚は日本ウナギ
では無いわけで たくさん捕れるのだろうか。  ジャンジャンと炒めてしまうのか・・・これは。
ズラッと並ぶ珍しい魚介類のオンパレードに 好奇心満開と同時に 怖いもの見たさになっていく。(笑)
日本でも網に入るものがあるかも知れないが、雑魚で処理されてしまうのだろうか?? それとも亜熱帯のここ
でしか捕れないのか。 貝なども珍しいものがたくさんあった。 土産物屋で見るしかない真っ白なツンツンした巻貝
とか、長方形のマテ貝なども普通にコンテナに生きている。 日本は魚の宝庫だと言うが、果たしてそうだろうかなど
と疑ってしまう。 ここの方がうんと種類が多いし、選り好みしていない。(笑) 参りましたって感じだった。
  1. 2014/11/08(土) 10:40:10|
  2. 中国ー厦門
  3. | コメント:4

フォーク?フォーク

F
静岡市内のアジアン雑貨屋。 すごく久しぶりに覗いてみた。
カラフルな刺繍のスカーフや衣類、彫刻の動物、ものすごい種類の小物・大物にまみれていた。 ちょっと奥まった
小さな場所にキッチン小物?が地味にあった。  ガラスのレトロなコップ、金属のコップ、カトラリー類などだ。
そんな中に5本で束になったコレを見つけた。  確かにフォークだよね~、だけどこの稚拙さは・・・思わず微笑み
が溢れる。(笑)   少し厚めの鉄板をガーンと打ち抜いただけのフォーク型だなぁ~。
それも 地金がキレイではない。 ピカピカに洗ってもこれだけだ。 これで果物でも食べようと思えば使えるけど
あまり使う気にはならない。(笑)  先が尖ってないものもあるし、3本指がみんな違って可笑しい。
どこの国のものか不明だと言う。なんてこった! ホントに使われている商品なんだろうか??
まぁ、眺めて面白いナと言ってるだけの一応レアもの。 何か・・・可愛くて 人格さえかもし出して来る。
  1. 2014/11/06(木) 09:58:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

驚きの産物

RIMG0205.jpg
アモイのすぐ近くにあるのに台湾領である金門島。  中国との壮絶な戦闘で 中国軍からは何百万個もの砲撃
を受けた。  それが収まった後、回収された砲弾がたいへん硬い事から 初めは農機具が作られていたが やが
て 包丁が作られるようになった。  ガイドブックに包丁の産地と書かれていて 何で?と思っていたら こんな
理由があったのだ。 「金合利鋼刀」と言う作業所を見学した。 入口には美しくディスプレイされた数々の包丁が
並ぶ明るい店内。  が、通路から奥に入ると この風景だった。 左奥の炉で砲弾を溶かして 真ん中の緑色の
機械でガンガンと叩いて平たくする。 まさに一個一個が手作りの包丁が出来ていく。 当然ながら部屋は暑い。
この生々しく凄い量の砲弾に唖然だった。 島内には まだ埋もれたものが多くあるそうだ。
思いがけない物に変身するサマを見て 島民のすごい逞しさを感じた。 包丁は 場所がら幅広の中華用が主だが
一般向けの包丁やペティナイフなどもある。 あのゴツい塊りからこれが?と そのキラキラ包丁を見て驚く。
  1. 2014/11/04(火) 10:02:40|
  2. 台湾
  3. | コメント:0

味のある民宿

RIMG0198.jpg
金門島の一番西側の地区に 昔ながらの福建様式の民家を改造した 「采風民宿」がある。
この島は台風の通り道でもあるし、普段からも風の強い地域なので 民家など建物はほとんどが平屋建てだ。
そしてレンガや石垣の堅牢さが素晴らしい。  目地にもきっちりと漆喰やパテが練り込んで頑丈になっている。
単に中国風だけでもない垢抜けたデザインは とても素敵だ。  調度品や、家の廻りの彫刻なども美しくて
緻密に作ってある。  こんな民宿に泊まる為の旅もいいなぁ~。  台湾本土からは多くの飛行機も飛んでいる
し、本気で考えようか。(笑)  その他にも この小さな島にはたくさんの魅力がある。 戦争の足跡もとても
多いが 島民はそれをバネにして頑張っている。  今回、この民宿の家主が不在だったため 室内の見学は
出来なかったが、他の資料で見ると 大変清潔でいい感じの部屋だ。 時が止まったように昔のものが机の上に
置いてあったり、古い絵葉書が貼ってあったり どこの国にいるんだろうと思わせる雰囲気がある。
  1. 2014/11/01(土) 20:07:08|
  2. 台湾
  3. | コメント:2
前のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード