旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

安くておいしい~!

DSCN1170.jpg
台湾の町を歩くと 一番に感じるのが 気軽に入れる食べ物屋の多いことだ。 暖かい気候もあって、開けっ放しに近い店構えの中 外からも見える所で粉を練ったり揚げたりして 食べるテーブルも幾つか並ぶ。
本当に敷居が低い。  日本の食べ物屋って 気取っていて入りにくい所も多いから 余計にそれを感じる。
ホテルから街歩きを何度もしたが 歩いて数分の場所に この店があった。 24時間営業のようで いつも賑わっていた。  ズラッと並んだ手頃なメニューは住民の人たちにも大人気のようで 引っ切り無しに訪れていた。
ちょっと観察していると、自転車でフラリと来て、冷たい豆乳の大きなカップを買って去っていく若い人が多かった。
私は暖かい豆乳を選んだが、大きなドンブリのようなプラ容器の、甘いお汁粉の味がするもので 驚きながらも美味しく飲んだ。 そうかぁ、これが国民的ドリンク?なんだなぁ。 この店には何度も通って 肉マンや 具入りパンを買い、夕食にしたりした。(笑) 200~300円で夕食が完了~!(笑)  セルフサービスで好きなものを集めて 奥がレジになっている。         洪記豆漿大王、この店の名前だ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2014/03/11(火) 09:11:00|
  2. 台湾
  3. | コメント:2

台湾のポスト

DSCN1230.jpg
台湾のポスト、町角で出会う率が高い。 外国でポストを探してもなかなか無い事が多いが 台北では歩いていれば けっこう頻繁に見つけられる。 必ず 赤と緑のペアで立っていてよく目立つのだ。
赤ポストは 速達と航空便、緑ポストは普通便の市内と他の地域というように分かれている。 速達OKと言っても・・・頻繁に集配に来るんだろうか。 速達の働きをちゃんとするんだろうか、などなど日本人としては かなり心配になるなぁ。(笑)  日本でポストや郵便のイメージカラーは赤だ。  台湾では 郵便局などを見ても解るがイメージは緑だ。  そう言えば 中国のポストも緑だった。 赤いモノをどうしても探してしまう私たちは 赤に洗脳されている。(笑)   これは ホテル近くの南京東路という大通り沿いにあったもの。
ポストのある風景は大好きだ。 なんかホッとする。 ここは都会の台北だからいいけど、もっと需要の少ない田舎に行くと小型ポストになるそうだ。 でも ちゃんと2色が並んでいると言うが 中には一台で左右で色分けされているポストもあるそうだ。 なかなかステキだなぁ~。  台湾に相応しい貫禄たっぷりのポストに出会えて嬉しかった。 

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2014/03/09(日) 09:28:45|
  2. 台湾
  3. | コメント:2

「可笑しな家」

可笑しな家 世界中の奇妙な家・ふしぎな家 60軒可笑しな家 世界中の奇妙な家・ふしぎな家 60軒
(2008/07/01)
黒崎敏&ビーチテラス

商品詳細を見る

環境に応じて人間の暮らしはあるわけで 当然ながら住まいの形式も決まってくる。
が、世界で拾ったこれらの家は本当にヘンテコだ。  ここまでしなくても…と言うような家が集められている。
地中にもぐった潜水艦ハウス、木の上のツリーハウス、巨石に囲まれた要塞ハウス?、積み木にしか見えない危なげな家、小さい島に一軒だけある孤立ハウス、ホントすごい。   最近 日本でも変わった家を建てる人が多いそうだが
ここまでの家は珍しいなぁ。 日本には無い 超自然を利用した家がこの本には多いので。
これは 建築家が出した本なので 建築の観点から見つけ出した家々。
民俗学の分野から見ればまた違う本になると思う。 私はどうも 後者の民俗学的に見た世界の家のほうが好みかな。
有史以来 気候風土の違いで人間は様々な住まいを造って伝えてきた。 
一風変わったこれらの家、イギリスやオランダが多い。 彼らが好奇心旺盛で目立ちたがり屋度が高いのかもね。

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2014/03/07(金) 09:33:36|
  2. | コメント:0

問屋街

DSCN1217.jpg
台北の町の西の地域、淡水河に近いところに古い問屋街がある。 建物も古いものが多くて、新しい近代的な街よりも
とてもいい感じだ。 なぜか日本の大正製薬の看板が見える。(笑)  そう、主にクスリ関連の問屋がたくさんある。
クスリと言っても 化学薬品ではなく、漢方で 扱うものは本当に多岐に渡っていて これはナニ??がいっぱい。
店頭でよく目に付くのは 白や黒のキクラゲ、カボチャやスイカの種(乾燥品)ドライフルーツ そしてカラスミも多い。  たくさん下がっている漢字の看板は 大抵がクスリ関係だ。 だからこの街には ちょっと他にはない匂いが
あって独特な雰囲気だ。  そしてもう一つ 布地の問屋もあるようで 一角にある永楽市場には ものすごい量の布地や手芸用品を扱っている。 時間がなくてそこには行けなかったのが 残念…。
どの店も似たものを扱っているけど よく見ると各々に個性があって すごく面白い。 問屋街なので品物が安くて、マンゴーのドライフルーツなど 他の普通の店の半額以下で、あ~あ!と後悔する事も。
ここの界隈をくまなく歩けば 更にいろんな物に出会えそうだ。 この通りは 迪化街という場所だ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2014/03/06(木) 09:30:47|
  2. 台湾
  3. | コメント:2

初めて見る野菜

DSCN1227.jpg
旅先で一番面白いのが 自由な町歩きだ。  幸い、ホテルは街の中にあって碁盤の目のような街を歩くには都合がよかった。 スーパーや市場も近くて 何回も足を運んだ。 朝市もあって 八百屋は例によって楽しい場所。
これはナニ??と言う野菜も多いなぁ。 おじいさんが店番してたこの小さな店で 初めての野菜に遭遇した。
真ん中あたりの濃いみどり色の棒状のもの・・・ナニ?  40cm以上あったが オクラみたいなスジが付いていて
手前の先端が こうもり傘みたいになっている。 長い傘をきっちりと畳んだような格好だ。
これは???ナニ?とおじいさんに一応聞いてみたが 言葉が通じるはずもなく 反応なし。(笑)  その隣りの野菜などは 過去に何度も中国で見かけた。 ネットでも探してみたが ブロガーさんも判らない野菜だと言うのが一件だけあった。 輪切りにして炒めたりするのかなぁ~。  亜熱帯の台湾では日本よりも遥かにラクに野菜類が採れるんだろう。 可能な種類も多いだろうし。  旅の中で「初めて」のモノに出会うのは本当に嬉しいが 今回はコレも大事な「初物」になった。 

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/03/04(火) 09:20:58|
  2. 台湾
  3. | コメント:2

台湾へ

DSCN1320.jpg
ちょっと急だったが 台湾に短期で行ってみた。 それも 地元「富士山静岡空港」の国際線を初めて利用した。
今まで沖縄に行ったのみで、国際線はどーなっているんだろうと言うことで 興味深かった。 何しろ 地方の小さな空港で、ソウル・台湾・上海(→武漢)が少しずつ飛ぶ。 台湾便は チャイナエアラインが週4便。
それも 夜7:30発なので到着は深夜近くになる。 桃園空港なので 台北市内のホテルに着くとかなり遅くなる。
この時間に発つ飛行機はこれだけなので 出国審査も待合室も超シンプルな風景で 心もとないくらい。(笑)
一応 免税店が一軒あって資生堂やロクシタンなども入っている。  今日は 50%くらいの乗客だったが 知人が昨年乗った日には 20人くらいで・・・果たして成り立つのか本気で心配したそうだ。(笑)  ソウル便も最近減ったし、台湾便も…と言う事にならないといいなぁ。 雨降りで寒~い静岡を出て 台北は夜でも18度。
この写真は翌日 歩いた時のものだが、気軽に食べられる安い店や屋台の何と多いコト!! 嬉しくなる。
街を賑わす漢字の看板の多さ。 英語などの併記はほとんど無くて「台湾はエライ~!!」と褒めてしまった。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2014/03/03(月) 11:27:05|
  2. 台湾
  3. | コメント:2
前のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード