旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

可愛い~ザル

DSCN1119.jpg
ブルネイの西側にある マレーシア、ビンツルの大きな市場に行った。 緑色の巨大な円形屋根の下に 200軒は下らない数の個人店が入っている。  ここは 野菜と果物のマーケット。 魚や肉や日用品は また別のところにあるのだろう。 この中に 一軒だけ野菜の隣りにカゴ類が並んでいた。 ウワッ 可愛いザルだぁ。
大きさも色も全部が微妙に違う。 なんてステキなんだろう。   普通のザルにカラーひもで縁取りやメッシュが
施してある。  向こうにかすかに写っているカゴにも 同じようなデザインが。
全くの日用品なんだけど このプラスアルファで数倍楽しくなるなぁ~♪  この市場で店を出している人たちは
特に客引きをしてる訳でもなく 淡々と眺めていたり 違う手仕事をしていたりする。
そこがアジアのまったりした良さだなぁ。 基本的に地元民相手だからね。 観光客は果物をチョロッと買う程度で
あとは写真のみ。(笑)  この市場で 私はランブータンを500グラム買った。(2リンギット)
品物や値段にはすごくバラツキがあるので、何軒か廻って品定めが必要だ。 また行きたいなぁ この市場・・・。
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/27(木) 09:18:21|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4

やっぱり コレ

DSCN1137_0004.jpg
マレーシアと言えば、やはり外せないのがこれ! ドリアンだ。 市場のあちこちに並んでいた。
私はまだ未経験者。  この旅に出る前に 友人でマレーシアに移住してしまった彼女にメールした時、ドリアンは屋台でも食べられるし トライしてみる?と言ってきた。 ちなみに彼女は「キライ」だそうだ。(笑)
彼女の知人は ご飯代わりに食べるのだそうだ。(信じられない~~!)   ドリアンの左のはジャックフルーツかな? しかし、熱帯のフルーツって凄い。  こんなモノが木の実として実るんだからネ。
パンの実もあちこちで過去に見たけど 圧巻。 ドリアンが頭に落ちて来たら・・・どーするんだろう。(笑)
今度は ドリアンに出会う旅はいつになるか分からないが、果たして食べるコトには進展するのだろうか??
永遠に眺めて通り過ぎるような気もするなぁ~。(笑)  日本で売っているのは見たことがあるが 国内で買う気は
全くなし。  あの熱帯の空気の中でこそだと思うしね。
市場でひときわ目立っていたドリアン売りの夫婦、私が買うかと眺めていたが・・・写真撮ったので大笑いしていた。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/25(火) 09:40:10|
  2. マレーシア
  3. | コメント:2

巨大タニワタリ

DSCN0990_0002.jpg
コタキナバルのあちこちには 様々な熱帯植物があったが これも初めて見る大きさのタニワタリだった。
日本ではミニの植木もあったりして 可愛いものだが 大きくなるとこれほど巨大なんだなぁ。
直径が2mに近いくらいだった。 ウワァ~と覗いてみれば 中心には幼葉がクルクルと出ている。 沖縄、八重山地方ではこのクルクル葉を天ぷらにして常食しているそうだ。 一度食べてみたいなぁ。
仲村清司氏の本を見ると 沖縄本島ではほとんど食べられていないようだ。これは意外だった。
ダイナミックな熱帯の植物のいろいろ、前にも書いたが 大人国に行ったガリバーになったようで 本当に楽しい。
意外なところに意外な花が咲いていたり 日本の常識的な大きさを遥かに越えているのにびっくりしたり、これは行ってみないと絶対に分からない醍醐味だ。  ガイドブックにこのような記述はない。
少し怖いが 願いはジャングルを歩くこと。(笑)  楽しんでる場合じゃないのかもネ…。
次回、もしもボルネオに行けたら 絶対にラフレシアを見に「探検」したい。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/23(日) 09:42:08|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4

なまこ石鹸

DSCN1052.jpg
コタキナバルの土産屋に行くと お勧め品として並んでいるのが なまこ石鹸。  最近もUPしたが ここはなまこの
産地で 食材以外にも昔から皮膚病のクスリとか 美容にもいいと用いられて来たそうだ。
韓国にも ナメクジが原料の美容クリームがあるようだが 何かヌメヌメ感が肌にいいのだろうか。
石鹸はレモン色の普通の楕円形で うっすらとレモンの香りがする。 が、南アジアの雰囲気を倍増するような 特産
のバティック布でくるんで売られている。  これはいいアイディアだなぁ~。   中身は同じでも いろんな柄が
欲しくて幾つも買う効果が得られる。 付加価値が大きい。    土産店の店先もいっそう華やぐしネ。
もう少し小さめの石鹸もあって それも丁寧にバティック包装になっていた。
肝心のバティックの布もあったが、ボルネオにはそれほど多くなかった。 2mくらいのものがパックされている簡易的な商品が多く、値段のバラツキが大きい。 ロティとか言われる 男子の腰巻きにそのまま使える 輪っかになっている布も。   でも、石鹸に巻いたのは本当にいい思い付きで バティックの可愛さを改めて見直した。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/21(金) 10:16:35|
  2. マレーシア
  3. | コメント:0

おばちゃんのカゴ

DSCN1116.jpg
ボルネオ島の北部、小国ブルネイの西側に マレーシアのビンツルと言う町がある。 特にどうと言う場所じゃないので
全く予備知識がない。 クルーズ船の寄港地だったので行く事になった。
雨季で 小雨の降る中 自由行動はしないで 船で申し込めるオプションに入った。 田舎のような町に入った時、異様な行列が! イスラムの大きな行事らしく 町ごとに統一した服装で延々と続いていて、それがクルマの渋滞を引き起こし、うんざりするほど進まない。動かないバスの窓から暮らしが見えて 少し楽しかったが。(笑)
そして市場に行き、自由時間。 巨大な円形の屋根の下には 200軒を越える個人店がびっしりと場所を取り 野菜と果物が並ぶ。 値段はまちまちなので 比較しながら買うわけだ。 ヤシの実の皮を削っていたおばちゃんの脇に このカゴを見つけた。 彼女が背負ってきたものだ。 きれいだなぁ~。 そして頑丈に出来ている。
東南アジアは こうしたカゴ類の宝庫だけど 売るものよりも実際に使っているものがステキだ。
しばらくの間、商品よりもこれに見入ってしまった。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/19(水) 09:58:07|
  2. マレーシア
  3. | コメント:2

乾燥ナマコ

DSCN0962_0001.jpg
コタキナバルは当然ながら海沿いなので 海産物は非常に豊かだ。  中国人が活躍している地域でもあるので
乾物を扱う店がとても多い。  中華料理に使う干したアワビ、貝柱、スルメなど ムンムンするほどの強烈な匂いを
発散させて 乾物屋が並んでいた。  その中でも特にびっくりしたのがコレ、干しナマコだ。
この辺りは凄い産地だそうだ。 大小、色も様々なナマコが大きなカゴにいっぱい並ぶ。
かなり不気味な感じ。 マレーシアの空港の売り場にも 立派な箱入りで並んでいたから 相当な産物なのだ。
水でもどすのも時間がかかるんだろうなぁ・・・。  韓国市場もあったが そこには淡水真珠が多く売られていた。
場所場所で扱うものが微妙に違っている。  今は雨季で 毎日雨っぽい日が続くようだが こんな時期には
乾物屋もキツい。 ほとんどが戸など無い開けっぴろげの店舗だからね…。
湿度も高いし、カビの心配があるなぁと思いながら見て廻った。 まぁ、現地のヒトはそんな事には一向にかまっていない様子だけど。  果物にカビが来てても 平気で並べている店があって こっちが心配したくらいだ。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/18(火) 10:02:47|
  2. マレーシア
  3. | コメント:0

スネークフルーツ

DSCN0967.jpg
コタキナバルの通りがかりでこんなフルーツに出会った。 よく見るとちょっと不気味なウロコ模様だ。
店主に聞くと スネークフルーツだと言う。  なるほど~ヘビのウロコ模様なんだなぁ。 ふうん・・・と見てると
皮を剥いて試食させてくれた。 甘みと渋さがあって すごく美味しいかと言えばう~ん。(笑)
中身は 薄いクリーム色で ミカンみたいに袋が分かれている。 水分はそれほど多くない感じ。
後で行ったビンツルの市場には置いてなかった。 今回 ここで見ただけ。  スネークフルーツは俗名で 現地ではサラックと言うそうだ。 思えば マレーシア原産などと言う果物は本当にたくさんある。
温度や湿度の具合が豊かな作物を作るんだろうなぁ。  そして人々もそれを大切に守って行っているんだろう。
こんなふうに 熱帯の地域に行くと新しく出会えるものがとても多い。 それが何より嬉しいなぁ。
ゆるゆるっとした空気の中で たくさんの発見や出会いが旅の醍醐味かなぁ。 熱帯にハマる~~!(笑)

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/16(日) 09:17:21|
  2. マレーシア
  3. | コメント:7

旅人木はすごい

DSCN0972_0001.jpg
今回のボルネオの旅では いろんな熱帯植物に出会ったが この旅人木もあちこちで枝を伸ばしていた。
これは コタキナバルで泊まったホテルのエントランスに 何本も並んで植えられていたもの。 見上げる高さの木がズラッとある風景は 圧巻。 いやぁ、スゴいなぁ。  以前も書いたけど、この木を初めて知ったのは小学校の頃だ。
雑誌の写真で見て感動した。 この枝をポキンと折ると蓄えていた水が出て 旅人のノドを潤せると書かれていた。
実際に行って ポキンと折ってみたいなぁ~と凄く思った。  本物を見たのが 浜名湖の花博だったが 小さな木でも頑丈で とても簡単に折れるもんじゃないと痛感。(笑)   昔、本では マダガスカルにあるとされていたので マダガスカルにも凄く憧れた。 だけど、本当はいろんな所にあって 香港やグァムでも見たし、石垣島にもあるようだ。
ボルネオの木はずば抜けて大きくて とても手が届く高さじゃない。 熱帯の木々の圧倒的なワイルドさに黙るしかない。 しかし、きれいだなぁ・・・。 実は 前にタネを取り寄せて植えたが 30cmくらいで没。
その時には 旅人木の格好をしていないのだけどネ。  やっぱりこの木は熱帯の中で見るに限る。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/14(金) 10:15:09|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4

4段の弁当箱

DSCN1096_0003.jpg
前にインドで何度も見かけた金属製の何段もの弁当箱。 カレーを持って行くのにとても都合がいいそうだ。
確かにね~~。  そして今回 北ボルネオ鉄道の昼食サービスでこれが出た。 
インドでも買おうと思って結局買わなかったコレを 今度こそ買おうと決心。(笑) 列車で出る以上 この辺りには売っているんだろうなぁと。  ブルネイでオールドモスクを見たあと 雨に降られて近くのショッピングセンターに入った。 中の日用品スーパーで出会ってしまった。 よく見ると2つのメーカーの品があったが 列車で出たのは
ZEBRA印。 他メーカーのは2流品なのか安い。 ラッキーな事に15%オフだ。 この真ん中のが私の買った品で
列車のより1回り小さな10cmの直径。 21.5ブルネイドルの15%引きで 1600円ほど。
これを何に使うかは未定だけど(笑)やっぱりこれが欲しかったんだなぁ。   このメーカーのはタイ製。
東南アジアでは広く使われているんだろう。 ちなみに 日本での通販サイトにもあったが もちろん高い。
でも・・・これに弁当を詰めて通勤に持つって ちょっと荷物になるし、勇気も要るなぁ・・・。(笑)

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/12(水) 10:40:17|
  2. ブルネイ
  3. | コメント:2

ランが咲いた

繧峨s_convert_20140210093300
寒さの中 急いで撮ったせいかボケた。(苦笑) おととし咲いて以来 2年ぶりに一つ花が開いた。
トックリ型の花姿であるパフィオだ。  こんな寒い時期によく咲くなぁ・・・。 ランは熱帯性の植物のはず。
先日のボルネオ旅の時も あちこちで咲いていて、やっぱりのびのびとした気候だと元気に咲くなと感動して見て来たのだった。  数年前に近所から鉢植えで頂いたもので 半年ほど後に地面に移した。
それ以来 2度めの開花だ。 ランほど世界中に種類の多い花はない。 美しいものも地味で小さなものも 本当に多様だ。 そして肥沃ではない山岳地帯に多い。 幹に寄生して繁茂するのもあるなぁ。 
つまり 置かれた環境に適応するチカラが強いのだろう。 自身の体を変化させながら その場に順応するから どんどん種類が多くなっていく。 植物のカガミだ!!  そしていつも思うが、つぼみを付けてから開花までの時間が
とても長い。 咲いた状態が長持ちする花は、咲くのにも時間が掛かるということだろうなぁ。
6~7cmの可愛い花だが 黄色が何となく春を呼んできてくれたみたい。

テーマ:**暮らしを楽しむ** - ジャンル:ライフ

  1. 2014/02/10(月) 09:50:42|
  2. 植物
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード