旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

モスク@ブルネイ

DSCN1090_0003.jpg
ブルネイは北ボルネオの 海に面したほんの小さな国だ。  オリンピックの行進などで「ブルネイ~!」とアナウンスされても ??の人が多い国だと思う。  天然資源の多い国で世界でも有数の金持ち国だと聞いている。
果たしてどんな金持ち具合なのか興味が尽きない。(笑)  コタキナバルからクルーズで入ったので まず半島の先にある港が初対面。 雨季で・・・雨もよい。 暗い雲が空を覆う。まぁ、港は特にどうと言う事もない クレーンなどが並ぶ無機質な感じだった。 タクシーで町まで30分余だが 町並みは割りにこぎれいで 日本の住宅にちょっと似た家々が建っていた。 しかし、特にリッチ感なし。(笑) ブルネイの見どころはモスクだと言うことで まずオールドモスク。 真っ白と金色の現実離れしたようなデザインで美しい。 ほとりには池がある。 町の中にあって
Sセンターや繁華街も近い。 なんか・・・どんよりした風景でかえって 幻想的に見えるなぁ~。
モスクには椰子の木が本当に似合っている。 門が閉まっていて中には入れなかった。 周りを半周したらあいにく小雨が降りはじめ 急いで近くのモールに駆け込んだ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/09(日) 08:20:17|
  2. ブルネイ
  3. | コメント:4

春節が近い

DSCN1141.jpg
ボルネオに行ってびっくりしたのは そこが中国人世界だったことだ。 まぁ、アジアのいろいろな土地に華僑が根を築き 繁栄に至ったのは知られているが いやぁ…ボルネオもここまでとは 勉強不足だった。
加えて もうすぐ春節だと言う時期で 一層の華やかさが感じられた。 これは ビンツルと言う町のショッピングモールの入り口。  左右に飾られた梅?の花の飾り物だが 華やかなコト!!!  ケバイと言っていいほどのピンクと周辺には赤と金で作られた縁起小物が散りばめてあって 凄い。  店に入ると更に華やかな お使い物用のセットが並んでいた。  中国だなぁ・・・とちょっと唖然とする色使いと建前社会のカタチ。
モール内のブティックで更に驚いたのは メインになる場所に並んだマネキンの服が全部真っ赤だったこと。
10台ほどのマネキンが着ていたセーターやコート、パンツ、マフラー、帽子がすべて赤。  エ・・・何??と思ったのは言うまでもないが お目出度い季節を象徴する「赤」を全面的に出しているんだと 気付いた。
そんな風景は格好のポイントで 撮りたかったが 春節前の凄い買い物客で 撮る勇気が出なかった。(笑)

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/07(金) 09:26:20|
  2. マレーシア
  3. | コメント:2

ドリアンポップ

DSCN0960.jpg
ボルネオ島の北側に とても小さな国、ブルネイがある。  天然ガスなどの産出が多く大変裕福な王国だ。
教育や病院の費用は要らないらしい。 いいなぁ・・・。  コタキナバルから船で渡って 半島の先辺りにあるムアラと言う港に着く。  近辺は全くの田舎で クルマで30分以上行くと やっと町に出る。 やっぱりマレーシアよりもちゃんとした家屋が目立つが ザッと見た感じではそれほどの裕福さは感じ取れない。
大きなモールに入ったが 一番目立つのはスマホショップだ。 コレデモカ!と言うほど関連の店が多い。 日本よりもハデなカバーなどがズラリと並ぶ。 土産物屋も多少あって そんな店先にドリアンのポップコーンがドカンとワゴンに並んでいた。 ウワッ、派手だなぁ!  一瞬買おうかと迷ったが・・・こうした物が当たりだった例が無い。
大抵が ???な味で終わる。(笑)   で、諦めて写真撮っただけ。
マレーシアはドリアンの本場なので 市場にもよく並んでいる。 実は、まだ食べたコトが無い。
挑戦したい気持ちは無いではないけど・・・いざとなるとネ。  でも、ずいぶん華やかな袋だなぁ~。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/06(木) 09:24:53|
  2. ブルネイ
  3. | コメント:2

美しい街路樹

DSCN0958_0001.jpg
数メートルにもなる 葉も花も美しい こんな木がコタキナバルの街路樹になっていた。
私は この花を初めて見た。(笑)  後で調べてみると亜熱帯地域でもたくさん咲いているようだ。 香港とか福建省などでも。  沖縄にもあるんだろうなぁ。  季節が合わないと何度行っても会えないのかも知れないが…。
優しいピンクから薄紫まで微妙にいろいろある。 下に落ちていた花を観察してみると ユリに似た本当にきれいな花。
丸っこい葉も優しい美しさで 熱帯の植物特有の強い強引さ(笑)がないなぁ。
現地で付いてくれたガイドはとても物知りで この花をバウヒニアだと教えてくれた。 バウヒニア! ふ~ん、ちょっと似合わないような名前だなぁ。(笑)    その中年男性ガイドは ボルネオの山の中で育ち、昔はサルやヘビまで飼っていたそうだ。 赤い火炎樹の事を英語でフレイムツリーと言うそうですよと私が言うと そうなんですか!?と
慌ててスマホに登録していた。 いろんな意味で勉強家で好奇心旺盛。 野生児だった事もあって ボルネオでのガイドの仕事はぴったりだ。 彼のお陰でこの日が充実した物になった。 それにしても、このバウヒニアが大きな木にいっぱい咲く風景はなんと素敵なことか。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/02(日) 09:03:58|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4

土産より果物

DSCN1153.jpg
熱帯の地方に行く一番のヨロコビは 植物と果物。 勢いよく伸びたダイナミックで大きな葉っぱや コレは???と言う豊かな果物類。 それが全く何気なくフツーに展開されているのが嬉しい。  大きな木には長~いサヤがぶら下がっていたりして 思わずオオッと下を探す。(笑)   違反だろうけど…ついついネ。
住民たちの市場は果物の宝庫で オバチャンたちが威勢よく安く売っている。  ブルネイより更に南西に行ったビンツルの町の大きな市場で買ったのは 左のランブータン。 モジャモジャの皮を剥くと白い卵型の果肉がツルンと出る。
200軒を越える数の小さな店が入っている円形の市場だった。 同じ商品がそこらじゅうにあるので いい物を安く売る店を選んで買うのだが これは1キロで4リンギット。   みんなキロ単位なので ハーフで500グラムを。
2リンギットで15個くらいあったので それで80円くらい。
そして 右の赤いのがレンブ。 前にUPした 列車の弁当に入っていたものだ。 欧米では ロウ引きされた果実と言われるそうで ツヤツヤの皮がきれい。 これは上記の市場には全然なかった。   同じビンツルのスーパーで見つけて ヤッタァ!日本のような白トレイに8個入って 6.99リンギット。280円弱。嬉しいGETだった。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2014/02/01(土) 09:20:32|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4
前のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード