旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

ガシラ

DSCN0837.jpg
どこかに行っても 観光地にはほとんど興味がない。(笑)
高松の町の中で さぁ どこに行こうかと・・・そうだスーパーに行こうと決めた。  開店を待って大きめの店に入った。 地域のスーパーで比較的面白いのは お惣菜や魚売り場だ。
果物も かつては楽しかったが 今はどこも流通がしっかりしていて 沖縄以外は特に目新しいものが見られなくなっているなぁ。 近海の魚は けっこう楽しいものがある。 ガシラとPOPにも大書きされていたこの魚。
カサゴを 四国ではガシラと呼ぶそうだ。  私の住む静岡県では もちろん聞き慣れない名前で いやぁ面白い名前だ。  煮魚にすると美味しいものだ。   スーパーは午前中でもお客さんが多くて、ここで写真を撮るのは ちょっと勇気が要った。(笑)   素早くナニゴトも無かった顔をしないとネ。
あと、目に付いたものは さつま揚げの種類が多くて それを「てんぷら」と呼んでいること。
25cmくらいの長~い形の「てんぷら」が何種類もあった。 うん! スーパーは面白いなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/30(月) 09:36:57|
  2. 身近な旅
  3. | コメント:2

朝うどん

DSCN0831.jpg
香川に来たら やっぱりうどん!!!  サンライズ・瀬戸が終点の高松に着くのが 7:27.
ちょうど朝ごはんの時間だ。   中には 岡山で駅弁を買うひともいるようだが 駅弁はいつでも買えるでしょ?  うどんを朝一で食べられる店はあるかな?と 見ると 何と改札をくぐるよりも手前にもあった。
いやぁ さすがにうどん県だぁ。  なら、外にもすぐにあるはずと、駅を背に眺めると あった!
道路を渡って向こう側に大きく うどんとある。  7時から営業してると書いてある。
さっそく入って、朝だから爽やかに わかめうどんを注文。 広い店内には 意外に人が入っている。
セルフで いろんな揚げ物がプラスできる。 大好きな竹の子天ぷらをGET. これで 380円!安い!
たっぷりのわかめは磯の香りがしていい感じ~! 薄味のダシが美味しい。 うどんは太め、フワッとしてて腰がある。 これは美味しいなぁ。  ヤミツキになりそうな味だ。 7:30過ぎで 中高生がけっこう入っているって何だろう。 朝ごはんをここで食べてるの? サラリーマンも割に食べてる。ここでは全く常の風景なんだなぁ。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/29(日) 08:43:44|
  2. 身近な旅
  3. | コメント:4

始発&終着の駅

DSCN0827.jpg
線路が見事に終わっている。  そして始まりだ。
高松の駅は 終着駅・始発駅だった。 県庁所在地の大きな駅としては 珍しいのでは?? 地形的に言っても
そうなるのかな。  普段 線路の終り・始めになっている駅とあまり縁がないので なんかいいなぁと…。
鉄道ファンが好きな「終着駅」の旅情を集めた本がたくさん出ているが 高松駅もちゃんとあるんだろうなぁ。
ただ、この駅は寂しげなローカル線の終着駅ではない。 8番線ほどもあって それがいさぎよくスパッと
終わっている。  思い出したのが パリのリヨン駅。(パリの駅はそこしか行った事がないけど・笑)
伝統のある美しい駅で その場所からバシッと何本もの線路が始まっている 大好きな駅だ。
何となく リヨン駅を思い出させる造りだなぁ。   改札を抜けると どの番線へもそのまま自由に行けるのがとてもいい。 ああ、そうだ カイロの駅もこんなふうだった。(笑)
サンライズ瀬戸号を5番線で降りて さぁ 初めての高松の町を歩くぞ~!  

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/28(土) 09:06:02|
  2. 世界の駅・ホーム
  3. | コメント:0

そして瀬戸大橋

DSCN0810.jpg
昨日UPしたサンライズ瀬戸は 朝6:30ころに岡山に着いて、そこで半分ずつに切り離しが行われる。
前7輌が瀬戸内へ、後ろ7輌が出雲に向かう。もちろん後ろ7輌は「サンライズ出雲」と言う名前だ。
4分の停車後に 岡山を南下して瀬戸内海方面に進む。  山の多い地形なのか けっこう頻繁にトンネルに入る。  児島と言う駅に停車するが その駅は海が迫っていて迫力満点だ。 向こうに島が見えたりする。
そして すぐに注目の瀬戸大橋に突入!  間の島に橋げたを下ろしながら カーブを描いてビューンと伸びる大橋は凄い。  長いなぁ~。 快晴の空に朝日がピカッと眩しい。
なんていい天気なんだ!  瀬戸内海は・・・むかぁし 確か高校の修学旅行で一度来たきりだなぁ。(笑)
それも香川県の栗林公園のみ。 当然 記憶なんてない。   何もかもリフレッシュされるくらいピッカピカの朝日と海。   このような橋を造るのって どれほどの計算や見積もりが要るだろう・・・凄いなぁと感心ばかりしてるうちに 坂出に到着。 予讃線を通って高松へと進むが う~ん 目立つのは「うどん」の文字。
旗や製造所や 店の名など とにかく うどんの字がそこらじゅうにある。  さすがぁ~!

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/27(金) 09:52:28|
  2. 身近な旅
  3. | コメント:0

寝台特急・サンライズ

DSCN0826.jpg
日本には今 寝台特急が5路線ほどある。  昔に比べたら減ってしまったのはとても寂しい。
時間の節約になるのはまさに真実だ。  だって横になって寝てるうちに大移動してくれる。 しかもリッチな気分だ。 朝、目覚めたら遠くの目的地! 飛行機もいいけど たまには寝台車も利用すべき!
と 言うわけで地元 静岡にも停まる「サンライズ・瀬戸」に乗ってみた。  東京を22時に出て 静岡停車は 24:20. この列車はあえてシングルを多くしてあるので、予約しやすいし、ムダにならない。出張にもよく利用されるようだ。 Bタイプシングルを利用した。 2階席の海側で ラッキー! 一ヶ月前からJRの窓口で予約だが なかなか取れない中で 何といい席をGET。 ベージュ色の寝具が備えてあって寝るには十分なスペース。深夜にも関わらずビールで一人乾杯~!(笑)  適度の揺れが心地よいゾ! チョイ鉄ながら 列車が印刷されたタオルと歯磨きセットも手に入れた。(笑) 憧れの寝台特急は行く。 2階席の窓は屋根に沿ってカーブしたワイド版なので 寝てても雲や星が見える。♪ さぁ!目が覚めれば瀬戸内の海だぁ!

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/26(木) 10:00:31|
  2. 身近な旅
  3. | コメント:0

ココナッツ売り少年

DSCN0583.jpg
ベシャムからイスラマバードに戻る途中に立ち寄った ガソリンスタンド。 クルマやバスなどが停まるスタンドなどには 物売りの少年が待ち構える。  大抵が食べ物で その土地で安く手に入るトウモロコシや アンズなど。 ココナッツを持った少年には初めて出合った。   きれいに細くカットされたココナッツが眩しいほどだ。
それにしても、この子の顔は整ってるなぁ。 子供なのに もう立派な大人顔だ。
パキスタンでは 初夏ともなると果物がたくさん採れるが 地域によって産物が違ってくる。 私たちは 国の北部のイスラマバードから北にしか行ってないが その中でも南北の違いは大きかった。
マンゴーやスイカ、バナナなどは南部。 フンザに近い北地域に行くと サクランボや白い桑の実、アンズなどが
採れる。 流通がよくないし、保冷も効かないので 地産地消そのまま。 だからフンザ辺りで美味しいマンゴーに出会うのは難しいし、南部ではフレッシュなサクランボが無い。 野菜も同じで そこで採れたものだけを売る。 人間はそれで十分に生きていける。    流通が良ければ 排気ガス・音・経費・・・問題もたくさんだなぁ。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/24(火) 11:40:28|
  2. パキスタン
  3. | コメント:3

主食のチャパティ

DSCN0539.jpg
パキスタンで何度も食べた 代表的な主食だ。 薄手のナン・・・チャパティかな。
もっと薄いものもあった。   これがどっさりと出るのと インディカ米のパサパサとしたご飯も同時に大盛りで出るので ほとんど食べきれずに残すことになった。   もちろん捨てずに 後に廻されるそうなので 勿体無いこともない。 で、このチャパティは どんな所でも その場で焼いている。  どこかから冷凍で運ばれてチンする方式とは違う。 だから暖かい焼きたてが出るし、香りもいい。
簡素ながら これを焼く縦穴式の土釜もあって お兄さんが汗をかきながら始終焼いている。  隣りでは一枚分の 粉をこねて丸める係がいる。  ハエと共存しながら・・・。
とてもアナログな風景だが それが心になごむ。 コストを抑える為の大量生産・冷凍運搬式じゃないからネ。
電気が満足にない現地だから不可能ではあるが、地元っ子はそんなのを許さないだろうなぁ。
チャパティは目の前で釜焼きしないでどーするんだ!!!???ってことだろう。  行った先々で同じような食べ物だったが ちゃんとその場で作った物が出て来るのはいいなぁと思う旅だった。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/23(月) 08:33:23|
  2. パキスタン
  3. | コメント:0

学校帰り

DSCN0523.jpg
ジャグロットの村で 学校帰りの子供たちに出会った。  このクルマは無関係だ。(笑)
向こうからやって来る子を眺めながら ふとカメラを取り出して 撮っていいかなぁなどと勝手に思っていた時
彼女らはそれを察知して 二人の大きい子は顔を背けた。  私はカメラを慌てて取り下げる。
そうかぁ・・・やはりスカーフを被っている以上 撮影は厳しいのだなぁ。 6年生くらいの子供なのに急に女性っぽいものを感じた。  フンザ地区はそれほどでもないけど だんだん南に来ると 女性には厳しくなって来るイスラムの戒律。  宗教だから仕方がないが・・・やっぱり解せない。  女性を守る為と言いながら 実はオトコたちに都合のいいように 独り占めしたり 余分な知恵を与えなかったり なのでは無いだろうか。
パキスタンを旅行中 そんな事を考える機会が何度もあった。
この時の気温は40度くらいあって めちゃくちゃ暑かった。 陽射しをさえぎる役割もあるが それ以上に この厚手のスカーフは暑そうだ。  この子たちの未来が明るくなりますように。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/22(日) 10:13:41|
  2. パキスタン
  3. | コメント:4

午後の ひとこま

DSCN0380_convert_20130920095432.jpg
フンザ川に沿ったアルチット村を少し歩いてみる。  子供たちが学校から帰るのに出会ったり 池で水遊びする子に会ったり 普通の民家も多くて 暮らしを垣間見ることが出来る。
木が多くて涼しい木陰を作っていて なかなかいい感じだ。 そんな中で 何気なく見えた風景は きれいな服がちょっと目立った女性だった。 門から中に向かって何やら声がけしていた。 友人を誘いに来たのかな。
門の面白い模様と色が目に付く。 門扉の色もあでやかな青。  そこに女性の赤い衣装だから どうしても目が行くなぁ。  若い女性だけでなく フンザでは年配の方もきれいな色の服やストールを纏う。
後ろから見たら年齢の推測なんて出来ない。 素敵なことだなぁ。  70~80代の女性が 真っ白のストールを掛けている事も多くて それはそれで美しくてハッとするほどだ。  そして何よりも姿勢がいい。
日本人の姿勢の悪さに 外国で気付いてしまうことがとても多い。 頭に物を乗せて歩く習慣がないから??
自信を持って スッと歩きたいなぁ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/09/20(金) 10:16:13|
  2. パキスタン
  3. | コメント:4

アランセーター

87A0B6AC.jpg
糸井重里さんが 震災復興を考えた時、本物のアランセーターを編んで 地元の人の収入と元気の糧になるといいなぁと動き出した。 まず、本場アラン島にセーターの実態を見に行ったのは、NHKの「旅のチカラ」でも記憶に新しいのだが、現実は厳しかった。 手編みでちゃんと編まれている物がもはや皆無に近い。  編み手はすでに老齢だったり亡くなっている。 機械使用の量産可能なセーターが積まれていた。
で、今 立ち上げられたニットプロジェクトでは 東北の編み手は6人だと言う。  セーターは一枚が14万円強。  私も編み物をするので それくらいの価格になる事は解らないでもない。  実際に注文状況はどんな具合なのだろう。  糸井さんは ほぼ日で いいものを販売されている。 着るものに関しても大量生産の安っぽいものに もう嫌気がさして 「着たら大事にされていると感ずるもの」をと言われている。
本来は 家族の為にコツコツと手編みされて然るべきもの。  ビジネスにするのに最も難しい分野だ。
「お金では買えないもの」がある事にホッとするのも事実・・・。 

テーマ:雑記 - ジャンル:その他

  1. 2013/09/19(木) 10:51:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (49)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (197)
植物 (62)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード