旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

蘭が咲いた

TS380435[1]_convert_20090531093509
この蘭、今が盛りだ。 蘭の類は真冬が多いが
これは違うなぁ。
もう10年くらい うちの植木鉢で住んでいる。
大して大きな丈にならず これが身の程だよ~と言いながら
毎年同じように咲く。
蘭ほど種類の多い植物はない。 それだけ身なりや生き方を
気候風土に順応させながら世界中に散って行ったんだな。
ボルネオのジャングルにも 日本の野山にも。
サバイバルな奴なのだ。
スポンサーサイト

テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2009/05/31(日) 09:44:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Gスタンド@モンゴル

TS380443[1]
ウランバートルから西へ西へ!  大草原の一本道をクルマは進む。
今はあそこもクルマ社会になってる訳で Gスタンドも多いと思うが…。
ワタシの行った1999年は そんなものホントに少なかった。
たった一軒見たのみ。 ここで入れないと大変だとばかり 立ち寄った。
しかし、停電でポンプが動かず…その辺に落ちてるようなゴムホースで
手動で入れてくれた。  例のサイフォン方式。
当然 手はガソリンまみれ。あ~あ。
見て取れるように、モンゴルではキリル文字。
モンゴル文字を見るのは駅でのローカルな部分だけ。
主にはキリルなのだ。  情勢を語っていた。

テーマ:モンゴル - ジャンル:海外情報

  1. 2009/05/30(土) 09:40:41|
  2. モンゴル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藍姫

TS380442[1]_convert_20090529102020
通の方には有名らしいが、「藍姫」と言う山アジサイだ。
この写真の色はイマイチだなぁ…
もっと濃いホントの藍色なのだ。
どうしてこんな色が出るの?と言うほど奥深い色で…。
大きな紫陽花の花も魅力的だけど こじんまりした山アジサイは
別格のおもむき。
知人の園芸屋で今 紫陽花展が行われていて、愛好家たちの
素晴らしい花々を見てきた。 無数にある色、土質にも関係するらしい。
これも紛れなくCOOL-JAPANだ

テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2009/05/29(金) 10:33:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バラの村

TS380445[1]
モロッコにはバラの村がある。
砂漠に近いケラァ・エル・マグナ村ではバラ作りから加工までをやっている。  
これは道路沿いのカフェで、バラの製品も扱っている。   
中でもバラ水は有名で 店員がシュッと吹き付けてくれると 
天然のバラの香りが店内いっぱい~
荒涼とした貧しげな景色の続く中、意外な組み合わせに感じる。
見える範囲にはバラの畑などなにもないからだ。
このあと、付近の子供にバラのつぼみを貰ったが、その香りの強さに
驚いた。カルチャーショックだった。
バラの香りの中で ミントティーを飲んだ。

テーマ:旅先の風景 - ジャンル:旅行

  1. 2009/05/28(木) 09:52:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アブチロン

TS380441[1]_convert_20090527084506
アブチロンがひとつ咲いた。
これもアオイ系。  やっぱりアオイ系の好きなワタシだ。
アブチロンには物凄い種類があって どちらか言うとこんな濃い色の花が
いい。  葵の花はどっちかと言うとピカピカの太陽の下より
夕方に似合うなぁ。  オモムキのある花だからか…。
つぼみが たくさん待機している。 これから目いっぱい咲く。
アブチロン=西洋アオイなのかな?(笑)

テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2009/05/27(水) 08:54:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下野草

TS380439[1]_convert_20090526093157
シモツケと読む。
今が盛りだ。ホントに美しい大人っぽい花。
切花を買ったものだが、かつては植木鉢に作っていた。
何故かうまく行かなくて絶えてしまった。  今度はうまく
挿し木しておこう。
こんな花が庭に咲いたらいいなぁ・・・。
普段はジミな木なのに花の時期だけ華やぐわけだ。

テーマ:花のある生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2009/05/26(火) 09:39:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四角豆

TS380434[1]_convert_20090525102937
ある場所で「四角豆」なるものを知った。
もちろん豆の種類で、でも面白い格好のサヤだ。
断面が四角形になる愉快なカタチ、サラダなどにいいらしい。
近辺のスーパーには売っていなく、実物を手に取った事もない。
限られた流通になっているみたい。
では自分で作ってみようと園芸パンフを見たらあった!
種まき後、こんなきれいな芽が出た。
秋に収穫できると書いてあるが、その前に 水色の花が咲くらしい。
きれいだろうなぁ。  楽しみィ~~

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

  1. 2009/05/25(月) 10:42:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界は幻なんかじゃない

世界は幻なんかじゃない世界は幻なんかじゃない
(1998/03)
辻 仁成

商品詳細を見る

作者が USAを横断する列車、「サンセット・リミテッド」に
乗ってフロリダの町から西海岸までを走破するルポ。
しかし、ただの紀行モノではなく、アメリカの暗部や問題点なども
織り交ぜながら進む。
メキシコ国境付近を通過する際には両国の経済格差が生み出す
違法入国の話にも。
また、石油採掘の場所では無人地帯に採掘の機械が怪しく
動くサマを書いていた。  幻なんかじゃないのだ、ホント。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/05/24(日) 08:44:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

西のポスト

CIMG0990_convert_20090519100015.jpg
絵はがきを投函したポスト。
どうか届いてくれ~!と願いつつ(笑)ついでに写真撮った。
中国の西の果てのカシュガルで。
知人と共に 自分にも書くことにした、絵はがき。
その時のワクワク度が詰まっているから。 帰国して何日も
経ってから届くのが可笑しいけど。
届かないかも知れない と言われて今まで出したはがき、
みんな届いた。  遠いモロッコからのモノは中国より早く来た。
距離じゃないのかなぁ。 カラクリが知りたいものだ。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

  1. 2009/05/19(火) 10:10:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砂漠・この神の土地

TS380425[1]_convert_20090518090520
1983年、著者を含めて6人でサハラ砂漠を
縦断した記録。 地中海アルジェから象牙海岸に抜ける
約8000キロをクルマで。
過酷な行程を過ごすにはメンバーの性格は重大な
ポイントになる。 調査などの目的はなく、言うなれば
遊びでこの旅を企画した。 遊びと言えど一つ間違えば
命を失うわけで、全行程が試練の連続。
旅を経て見えて来たものは実に多く、曽野さんの
感受性や理性、行動力などに感服した。
以来、26年過ぎたがあの土地の状況は全く変わらないだろうなぁ。
文明や科学の進歩とは別のところにある。

テーマ:アフリカ - ジャンル:海外情報

  1. 2009/05/18(月) 09:31:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード