旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

お気に入りの皿


ほぼ実物大のサイズ。  安っぽい皿ではあるが 気に入っている。
以前、スペインに行った時のもので 立ち寄ったサービスエリアで見つけた。 こう言った手描きの絵皿は
あの国にはとても多くて 皿のほか壺やカップなどもたくさん見かけた。 何よりもザクロの絵が良かった。
ザクロはスペインでは生産も多いようで昔から庶民に愛されてきた。 日本だと小さい酸っぱい実としか
認識がないが 中国の西部やイランやトルコ、中東などでは山積みで売っていて 大きくて甘い。
向うの人はタネまで食べてしまうので初め驚いた。 スペインでは何と言っても あのアルハンブラの敷石の
柄になっているし、地名の「グラナダ」は ザクロのことだ。 だからザクロを何かの柄に使う事が非常に多い
そうだ。 割れやすいモロい陶器だけに大事にしたい ザクロ皿。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/24(木) 19:08:42|
  2. スペイン
  3. | コメント:4

アルハンブラの壁

繧ケ繝壹う繝ウ莉棒0009_convert_20130411100745
これも 近寄った写真。(笑)   壁だけだと 何だか分からなくなるし、眼下の風景も撮った。
アルハンブラ宮殿はとても広いが 大抵はこんな深い茶色だ。  美しいイスラム式の宮殿なので
私は 他のイスラムの国に行く前に イスラム様式の建物を堪能してしまった。
あとで モロッコに行った時も 全く驚かなかったくらいだ。(笑)
最近の旅番組では この宮殿の内部よりも 向こうに見えるアルバイシン地区の高台から
アルハンブラ全体を眺める方式が多い。    そう言えば 私たちは この宮殿に歩いていける
くらいに間近なホテルに泊まった。  坂道をチョイチョイと下って いきなりアルハンブラには
驚いた。  イスラム建築には椰子の木が似合う。  表側の入り口の 建物と椰子の風景には
もう額縁にそのまま入るくらい完璧さを感じるなぁ…。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/04/11(木) 10:31:10|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

陽光あふれる

繧ケ繝壹う繝ウ莉棒0002_convert_20120819092945
スペインの印象を一言でと言われれば 光りが溢れる場所と言える。
それくらいに 各地の光の具合は記憶に残った。  地中海の沿岸は言わずと知れた そんな場所だが
マドリッドから北に向かった小さな町でも 岩がゴロゴロした不毛の地に見えるところに 黄色く紅葉
した木々が 強い秋の陽に照らされてもの凄い勢いで輝いていて 驚いた。
改めてスペインの陽光の力強さに圧倒された。   光が強い分だけ 陰の濃さも浮き彫りになる。
なんでもない街角で撮ってみた写真だが、くっきりと光と影が出ていてスペインらしいなぁと思う。
地中海の沿岸の小さな町の各地が 芸術家に好まれて 移住してくる人も多いと聞いたが この光の
具合が大きく影響しているのだろう。
サハラ砂漠の赤い砂が空に舞って ピンクを含んだ空が見えると言う町、見てみたいものだ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/08/19(日) 09:46:10|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕暮れミハス

繧ケ繝壹う繝ウ莉棒0005_convert_20120403092141
ミハスに着いたのが夕方になって もううす暗い。    地中海に面したスペインの町々は 明るく
陽気な雰囲気だ。  そして真っ白に塗られた町並みが可愛くて 日本人にはとりわけ 異国感が感じられる。
地中海沿いの道に面しているので 特に何かが無くても 町そのものが観光地のようになっている。
それを意識しての土産物売り場には 南仏と共通するような陶器やドライフラワー、ハーブ石鹸などが
並ぶ。  夕暮れでも 町が白いお陰で クッキリと町並みが映えていて、歩いていて楽しい。
坂道ばかりの地域で、上に登れば遥か下に地中海が光っている。  転げ落ちそうな場所もあって きわどい。
この町を朝に散歩したら さぞきれいだろうなぁ。   思えば スペインには見所が本当に多い。
個性豊かで 色彩感に溢れている。  芸術家が集まるのも無理ないなぁ・・・。
10月の終わりだったが 全く寒さもない。 地中海側の村や町は 光も多いけど暑さも相当だろうな。
光や熱を避ける為の白い家々。  みんな 理由がある。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/03(火) 09:42:41|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

丘の下の町

繧ケ繝壹う繝ウ莉棒0003_convert_20120314090828
スペインの ラ・マンチャ地方は平らで 乾燥した地域だ。
観光の目玉として 幾つかの風車が丘の上に連なっている。  とてもいい眺めで スペインらしい風景。
その丘の上から 下のコンスエグラの町を見ると こんな感じ。
この村がとても気に入って 中を歩いてみたいなぁと思ったが・・・時間がなく 無念。
なぜか 遠くがボーッと霞んで よけいにいい感じだ。  あとで町の中の道を車で通ったとき、家々の
ドアが開け放されて、のれんのような布が掛けられていた。 気候がいいし、開放的な暮らしが想像できる。
ここは サフランの生産地で それを狙ったような季節に行ったが…すでに終わったのか 見られず。
朝方の日に照らされた 小さなコンスエグラの村を じっくり眺めた。
廃車なのか・・・このクルマが丘の端っこに置かれていて 遠近を付けるのに役立った。(笑)

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/03/14(水) 09:10:47|
  2. スペイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (52)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (77)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (23)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード