旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

旅みやげ ②

繧ケ繝壹う繝ウ莉棒0012_convert_20120312090103
エジプトに行くと 大抵このパピルスの工房が観光ルートになっている。(笑)
日本語の堪能な業者が 説明しながら実演を見せる。  実際に生のパピルスを持ちながら コレです と。
周りの壁面には 凄い量の作品(商品)が展示してあって より取り見取りだ。
一枚は欲しいと思っていたので これを購入した。   A4くらいの大きさだ。
金色がたくさん使ってあって とても美しい。    典型的なエジプトの図柄。   こう言った柄が多い
のだが、中には地図のようなのもあった。  シナイ半島をイラスト風に仕上げた 青が基調のきれいな
もので 当地を廻った記念としても 心が揺れたが、大きさがネック。 1m四方もあって・・・。(笑)
パピルス製と謳っていて 実はニセ物もあるそうだ。  ニセの方が安く出来るのか、量産できるのか…。
ナイル河の パピルスの群生の間を縫って小船で行く話が 池澤夏樹氏の本にあった。
そう言うナイルの旅がしてみたいなぁ・・・。
スポンサーサイト

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/03/12(月) 09:21:37|
  2. エジプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サッカラビール

RIMG0003_convert_20120220093900.jpg
先日 ビール缶のことを書いたら サッカラビールのご要望があったので UPしてみた。(笑)
私が持っている中で 一番美しいデザインだなぁと思える。   もちろん右のもの。
左側のは 何となく一緒に置いてみた。(笑)   ウズベキスタンのだったかな?  ロシアビールだ。
で、サッカラビールは 500ccのみだった。 同じデザインで赤系もあって それもきれいだったが
なにせ荷物になる。(笑)   これ一つ持ってきた。
階段ピラミッドの絵柄と アラビア文字の エジプト臭プンプンのもので 気に入っている。
びんビールのラベルに水を付けて 上手く剥がしているツワモノも見かけた。 次回 私もやりそう・・・。
日本にいても 世界のビールが買えるのは確かだが もちろん全部とは行かない。  サッカラは買えるかな?
自分が現地に行って飲んでこその 土産?なのだ。 それにこだわって 気が向いたら持ってくるくらいの
ゆるい収集。(笑)    次はどこの缶が我が家に来るかな??(笑)

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/02/20(月) 10:00:12|
  2. エジプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラッシュ

繧ィ繧ク莉棒0002_convert_20111210090152
世界遺産は地球にいっぱいあるが、群を抜くのは やはりピラミッドかと思う。
世界中から人が集まって当然の建造物。   私は過去に何回も ピラミッドによじ登る夢を見ている。
それは一体 なにを意味してるのだろう。    夢と一番違っていたのが 積み石の大きさ。
実際に行ってみて 個々の石の大きさに驚いた。 誰もが思うことだが この巨大な石を この数・・・どう
やって運び 組み立てたのか。   カイロの街からピラミッドは近くて 建物の間からチラチラと見える。
ピラミッドからは 東側にボォーッと街が霞んで見える。
お馴染みの ラクダに乗って撮影させる業者がいっぱいだが、ついつい試してVサイン。(笑)
街から近いのに ここはもうキッカリと砂漠だ。
この国は 95%が砂漠なのだからネ。   砂の上に腰を下ろして 浸る、その空気に。
巨大なタイムカプセルだ。  きょうも世界中からのヒト、ヒト・・・ラッシュだった。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/12/10(土) 09:31:08|
  2. エジプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

うしろ姿

繧ィ繧ク荳ュ蝗ス_0010_convert_20110725085528
以前、ツタンカーメンのうしろ姿はどうなっている??と言う話を聞いたことがある。
はい、こうなっています。(笑)
このような角度から載せられることはあまり無いので そんな疑問も湧くかも。
カイロの考古学博物館に行けば これは必ず見る事が出来る角度なので 行った人は写してるだろうなぁ。
古代エジプトの肖像は 大抵こんなヘアスタイル?をしているが、これは髪の毛の代表的デザインかな?
横でしっかり広げて 後ろで束ねてきっちり編む・・・う~ん・・・。
博物館の隅のほうにあって、しかもコレ目当てに訪れる人がほとんど。(笑) 勢い、この辺りが渋滞。
しかし、まばゆいのだ。 これが収められていた棺の金の色とデザイン、最近作ったもののような
新しいほどの光りと形。 歴史に疎くても 壮大な深さを感じるナイル文明と権力。
今は エジプトへのツアーが控えられているそうだ。 何かとテロや犯罪が目立つが、私が訪れた時も
行程の一部で バスに警官が同乗したりで 物々しかった。 博物館周辺も黒い制服の警官が やたらに
多くいて、かえって心配になった。 見るものが多い国だけに テロはマイナスだ。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2011/07/25(月) 09:22:37|
  2. エジプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

新聞 at エジプト

繧ィ繧ク_0010_convert_20101226094035
カイロの中央駅での風景。  始発駅なので ゆったりした雰囲気が漂う。
駅のあり方は 特に始発駅の場合、本当にいい雰囲気で 日本ではどうしてこう
行かないのか不思議に思う。 外国の駅は「旅」が基本に置かれているが
日本では ビジネスだなぁ、どう見ても…。
だから無味乾燥っぽいのかなと思う。 駅舎の趣向の凝らし方もやはり重さが違う。
で、カイロ駅の新聞スタンド、とてもカラフルな新聞が多く、種類もたくさんある。
行く先の新聞が好きで 全く読めないくせに ホテルや駅でGETしてしまう。(笑)
うちには いろんな読めない新聞がストックされているのだ。
フランスでは ピンク色の誌面のもあったなぁ。
構内放送など何もない 人々の動きだけの駅のざわめきが とてもよかった。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2010/12/26(日) 10:02:04|
  2. エジプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (49)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (197)
植物 (62)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード