旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

椰子の実

DSC03424_convert_20120209092621.jpg
グァムでは当たり前の風景だが 椰子の木が本当に多い。   以前にも書いたが 日本では高い値段で
売られている鉢植えの植物が いとも簡単に野生でのびのびと育っているのを見ると ああ…熱帯って
こういうコトねと。(笑)    小さな島だけど 植物観察にはとても興味ある場所なのだ。
下を見ると 当然ながらこんなふうに 落ちた椰子の実を簡単に見つけられる。
ここからまた新しく芽が出て 立派な椰子の木に育って行くのだ。
椰子の木にも様々あって、大きな実をつけるものと、中東や砂漠地方のナツメヤシ系がある。
栄養豊かなナツメヤシが 砂漠の住民の食料源になるのは まさに神の采配と言えるが 大きな実のなる この
椰子の木とは地下茎の違いがあるのだろう。   砂漠の環境では どんどん根を延ばして行く威力が
無いと無理だ。   その点、グァムなどの椰子は比較的カンタンに水が得られる場所に生える。
この実も かなり年季が入っているなぁ。 そろそろ発芽するかな?

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/02/09(木) 09:44:02|
  2. グァム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宝庫を歩く

DSC03406_convert_20120128100621.jpg
先日も書いたが グァムには驚くほど植物が茂っている。  大資本のホテルはビュンビュンと建って
ブランドショップも多い。  しかし! その道筋はなぜか自然のままなのだ。
道端は 田舎っぽい舗装だったり、どこかイイカゲン?な処理の仕方で ゆるい南国の空気がある。
ゆっくり歩くと そこらじゅうが花と 南国の植物。  面白い花を見つけた。
花弁の数と並びがユニークだ。 
南国のここでは 当たり前の風景だろうけど、日本から来た身には いちいち新鮮な伸びやかな植物群。
すぐに足が止まって かがみ込んで眺める。
グァムでも南部では ジャングルのようなヒトが入らない地帯がある。  そこに分け入って探してみたい
もんだなぁ。 何しろ 戦争が終わったのも知らずに長年潜んでいた 元兵隊がいたわけだから。
街歩きの途中、いきなりのスコールに降られた。 大きな木の下に雨宿りしながら 雨と緑の匂いが
とても心地よかった。

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/28(土) 10:37:47|
  2. グァム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レアな商品

DSC03457_convert_20120125095311.jpg
日本を意識して作られた絵柄。(笑)
でも色も洗練されていて美しいのだ。  ビンだけで欲しくなってしまう。
グァムのスーパーでは 普通の日本の飲料もあるが こんなレアもの?も探せば幾つかある。
あそこがアメリカだなぁと思うのは 全くの田舎にポツンとある小さい店にも 満艦飾に並ぶ飲み物類だ。
そして缶詰めやビン詰め。 まぁ、生産の出来ない土地と言うのはあるが やはり アメリカ。
グァムに行く目的は きれいなビーチや海のアクティビティ。 今では免税のブランド買い?
アッケラカンとした島だし、息抜きには持って来いではあるが・・・ホテル群に占領されてビーチは厳しいし、
私はブランドに疎い。  もの凄く久しぶりに行ってみて 植物の宝庫だと気が付いた。
熱帯だから 目を奪われるように花が咲いている。 南国果物も野生で見られるし こう言った楽しい商品にも
会える。 一番身近な熱帯の外国だ。(笑)  残した写真は ほとんどが花のものだったし。(笑)

テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/25(水) 10:20:15|
  2. グァム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビーチが遠い

DSC03420_convert_20110907091710.jpg
グァムに行ってビーチが遠いって 何なんだ! と言うことだが・・・そうなのだ。
ずっと昔にも2度ほど行ったことがある。 初めて行ったときは とてものんびりしたいい所で 自然に
癒される場所だった。  ホテルも低層で 歩いて1分以内でビーチ。  火炎樹の花がきれいだった。
地元のチャモロ人たちが緑の中でバレーボールをしていて 楽しく眺めていた経験も・・・。
最近になって ふともう一度行ってみて 変わり様に驚いた。  もはやあの島はリゾート地じゃない。
ビーチに行けないのだ。 小さな島なのに何てこった!   島の西側の上部のいわゆるリゾートに適した
地域は 大資本のホテルがびっしりと占拠して 当然ながら海岸をも巻き込んでいるので 一般人は
全く入れない。 そのワキにはおおきなブランドショップばかり。
なぜ 世界はこうも「ブランド信仰」が強いのだろう・・・。  グァムはブランド品を買いに行く島。
かつての美しいのんびりした時代を知る者には 驚きの変貌だ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/09/07(水) 09:35:09|
  2. グァム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ココス島

DSC03445_convert_20110302093822.jpg
グァム南部のメリッソと言う場所から 船で一時間弱。
細長いさんご礁の島。  遥か昔・・・グラスボートで一度行ったことがあるが
その頃は大した施設もなかった。    今ではダイビングなど 海のアクティビティの
基地として 充実しているようだ。 マリンスポーツもいいけど 日本には無い 真っ白な砂と
さんご礁の風景を ただただ楽しみたい。  
私が少し前に行ったのは9月で・・・台風が幾つも来て、そう!雨季真っ最中だったのだ。(笑)
連日 曇りと雨で、滞在中に一度も青い空が見えなかった。 何のためのグァムなのかと
損した気分で それでもレンタカーで島内一周を。 本当ならこの海もエメラルド色なんだよねと
言いながら…おまけに この小さな港近くで 恐ろしげな犬に吼えられ続けて ゆっくりも
出来ず 散々。  観光地なんだから犬の管理くらいしろよナなどと ボヤきながら…。
そんな理由はともかく、今やもうグァムは やる気があまり感じられない場所かなぁ…。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/03/02(水) 10:01:32|
  2. グァム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード