旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

呂梁の町へ

みんな

2泊した磧口村をあとにして 空港のある呂梁と言う町に行った。 同じ山西省の 西南に位置する小さい町。
町の名前は 今回の旅で初めて知ったところで、いったいどんな町だろうと少しワクワク。 空気はシンと冷たい。
今日は 17:50の飛行機に乗るが 磧口村を早くに出たので 昼前には呂梁に着いてしまった。 この町を
散策してみようとブラ歩き。 そんな途中で出会ったのがこれ。 いったい何を売っているのか分からないが、
大人も子供も一生懸命だ。おやつなんだろうか。 じっくり見なかったので分からず。  でも中国ってこのような
風景はいっぱいあるなぁ。 後で日本の友人に見せたら「羨ましい」と言っていた。  日本では外で食べる事すら
無い。 ましてや このような売り方は衛生法違反だと言われるんだろうな。 道の真ん中に 何やらお供えが
してあったり、地方の小さな町の不思議なカラーもあった。
  1. 2018/02/06(火) 19:49:17|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:0

水を飲む場所

水のみ

訪れた李家山村でこんなものを見た。 馬やラクダの水飲み場だ。  そして上には動物を繋ぐところもある。
幾つかの村を歩いたが たぶんどこの村にも共通して設置されているのだろう。
黄土高原には平らな土地がとても少ない。 何を運ぶのも人力か動物に頼るしかなかった。 もちろん今も
クルマがすべての家に行ける地形ではないけど。  黄河まで荷を運ぶのはラクダを使う事が多かったそうだ。
北の内モンゴルから連れてきたラクダは、乾燥したこの土地には適した動物だった。 水が貴重だからだ。
アラビアのラクダと違い、モンゴルのはコブが2つで 毛がゾロゾロと長い。 日本で言えば「民宿村」と言える
磧口村の駐車場の一角で 観光ラクダが営業していた。 乗ったり一緒に写真を撮ったりするものだが、初めて
見る人には驚きの風景かと思う。 こんな地でラクダ?って。 そう、モンゴルにもラクダがいるのだ。
  1. 2018/02/04(日) 19:32:33|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:0

おばぁちゃんの蜂蜜

みつ

磧口村からクルマで15分ほどの 西湾村にも行った。 付近の村とだいたい同じような古いひなびた
村で 実ったヒョウタンが何となく塀にぶら下がっていたり、ナツメが干してあったりの ゆるい感じの村だった。
そんな時、ガイドが「あ、ここに蜂蜜があると書いてある」と言う。 そう言えば家の壁にそんな文字が見える。
何の期待もなく その家に入ってみた。 背の高い細身のおばぁちゃんがいて 黒いカメのフタを開けると
フワ~と甘い香りが! カメに半分くらい入っていた。 聞けばナツメの蜂蜜だと言う。 そして木の箱からは
びっしりと網に付いたコムハニーがどっさり! うわぁ~~凄い! 実は私、少し前からマヌカハニーに凝っていて
並み以上の興味があった矢先。 値段を聞くと500gで20元! 何て安いのだ!早速量り売りしてもらった。
あまりに感動して写真が一枚も撮れず。 これが買ったままの容器。お恥ずかしいUPになってしまった。
  1. 2018/02/02(金) 19:29:55|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:2

家族で作業

作業

11月初めの頃は 村はナツメだらけだ。 どこに行っても村人はナツメの選別や乾燥の仕事に追われていた。
この家もそう。 古い農機具が置いてあるが現在では使わなくなったものだろう。 今までほとんど見なかった
プラスティックの椅子が! 椅子までは手作りしないので まぁ、カゴやザルの大小に会えただけでいいか。
家のドアのようなものが傾いている。 何だか崩れそうな気配だが これからどんどん寒くなるのが心配だ。
どの家の軒先にも晩秋に収穫した農作物が何種類も無造作に置いてあった。 
冬に向けて保存したり売りに出したり、男たちはその役を担っているのか あまり村では見かけなかった。
日本のように産物をJAなどで一挙に選別して出荷する体制は全くないので こうして家内作業で賄うのだろう。
この辺りのナツメはふっくらと大きく品質がいいそうなので、美味しい料理や薬膳などに使われるはずだ。
  1. 2018/01/31(水) 16:03:41|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:2

う~ん、残念



これは一体ナニか。  磧口村の利用ホテルの正面にこんな太い管が二本突き出ていた。
下に受けるようにドラム缶が設置してある。  この管の元はホテルの調理場だ。 そう、調理場から出た廃油を
このように落としている。 ドラム缶には汚い廃油がいっぱい溜まっている。 たぶん・・・この廃油も別の業者が
何かに使うと見られる。 中国では当たり前のことだ、多分。   それにしても、正面玄関の右隣、こんな人目に
着く箇所に溜めるのはどうかと思うのだが。 ホテルは黄河に沿って建つので目の前のちょっとした階段を下りれば
黄河の水に触れられる。 10mくらいの砂地の向うは水辺になっているが、よく見るとホテルからの汚水の管が
砂地に埋められて 何と黄河のまん中から放出される仕掛けになっていた。 何となくブクブクと出ていて すぐに
それと判る。 砂浜はタバコの吸い殻やペットボトルなどが汚く散乱。 この辺がやっぱり中国だなぁ~と痛感。
  1. 2018/01/29(月) 20:07:32|
  2. 中国ー黄土高原
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード