旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

石の茶碗

ちゃわん
中国の西の端のカシュガルから更に西へ。 パミール高原に至る高度の高い場所になる。
もうこの道はカラコルム・ハイウェイと言われ、パキスタンとの国境のタシュクルガンに至る道だ。 キルギスとの
境目でもある。 3600mの高い土地にあるカラクリ湖は 7000m台のムスターグアタと、コングールという2つの
美しい山を背景にしている。 湖のキワではキルギス族の民俗帽を被ったおじさんが 馬に乗らないかと誘ったり
小さな板店にわずかな品物を並べている。 チベット風のサンゴ色のアクセサリーなどもあったが 買いたいものは
何もない。 せめてと この茶碗を一個買った。 石を手彫りで削ったものでもちろん重い。 ぐい飲みとご飯茶碗の
中間の大きさだ。 どんな種類の石なんだろう。 のちに、椎名誠氏の何かのページで ほぼ同じ茶碗を見た。
彼は 日中楼蘭探検隊の一員として80年代にタクラマカンを歩き、その後 カシュガル辺りに何回も来ている。
その時の「土産」らしいのだが、大ファンの椎名さんと同じだぁ!と嬉しくなった。(笑)
スポンサーサイト
  1. 2015/10/22(木) 13:09:10|
  2. 中国ー新疆
  3. | コメント:4

禁じられた写真

DSCN0063_convert_20130513091023.jpg
今まで タクラマカン砂漠を縦断する道路の事はたびたび書いてきた。
その道路を 中国は最初 どうも秘密裏にやってきたらしい。 砂漠の真ん中に石油資源が見つかり
その採掘と輸送のための 思い切った国家プロジェクトだからだ。
日本が丸々入ってしまうほどの広大な砂漠を 貫通する道路を作るなどは ただ 工事の面からだけ
ではなく、様々な問題もあった。 新疆地区の住民との軋轢は宗教上からも大きい。
しかし、そこはあの国家 高額な給料を払い、ウィグルの労働者をも多数確保した。 
この工事中 禁じられた空撮に成功したのが イラン人の写真家レザ。  何十本と言うフィルムは没収
されたが ダミーを作って煙に巻いた。 この写真はほんの一部だが 過酷な工事はこうして行われた。
取材記を読むと想像を絶する。砂嵐・気温の差・居住区の整備・・・キリがない。
何枚もの貴重な写真は 中国の どす黒いほどの底力を感じる。 (写真は 98年GEO誌より)

テーマ:雑誌掲載&取材 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/05/13(月) 09:58:03|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

砂漠の真ん中

DSC01355_convert_20130502092230.jpg
現在 タクラマカン砂漠を縦断する道路は2本になっている。
これは もちろん最初に建設された1本目、それも その真ん中あたりにある 休憩場所だ。
当然ながら ガソリンスタンド、そして食堂がある。  メニューもけっこう豊かで 砂漠で???と
驚くのだ。 新疆の料理であるラグメンは 中でも筆頭かと思う。
もちろん 冷たいビールも完備していて 乾燥したノドにめちゃくちゃ美味しい。
中国では ガソリンスタンドの撮影は禁止だそうだけど 撮ってしまった。 撮って ナニがどう
悪いのかよく解らないけど。   砂漠だから この道路の両側は 向こうに見えるように 砂の海。
食堂のトイレの窓から見たら すぐワキまで砂の山だった。 当然なんだけど ウワッと思う。
今はすっかり外国人にも馴染みになった縦断道路。 初めは 極秘のうちに進められた工事だった。
我々は観光の眼でしか見てないが 中国では シビアな石油採掘と輸送手段の道なのだ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/05/02(木) 09:41:02|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

南彊鉄道が見える

DSC01379_convert_20130326093331.jpg
新疆を旅したら乗りたいと思っていたが、まだ実現できてない。  南彊鉄道だ。
トルファンからカシュガルまで 1446km。 東側から徐々に敷かれていった鉄道も カシュガル
まで開通したのが 99年。   北の天山山脈と 南のタクラマカン砂漠の間を走っている。
窓からの眺めはいいだろうなぁ・・・。  列車のどっち側に乗るかで 景色が大きく違うわけだ。
この写真は、タクラマカンの南から北へ 縦断道路を突っ切って やっと砂の地域から抜けたあたりに
来て ふと北東を見ると遠くに列車!  あ、南彊鉄道だぁ~!!!と 慌ててズームで撮った。
列車が通ってないと そこが鉄道なのかも分からないので 本当に運がよかったのだ。
コルラと言う駅の近くを走っている。     車窓から見ても これは荒涼とした風景だろうなぁ。
中国は 国内航空線も多いけど まだまだ一般庶民は鉄道に頼っている。 巨大な荷物を抱えて
何十時間も平気で列車の旅をする。  この路線も 観光客と地元民とが半々になって動いている
だろうなぁ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/03/26(火) 09:35:31|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

砂漠の花

DSC01354_convert_20130316095804.jpg
世界の大きな砂漠には 気候に合った思いがけない植物がある。
タクラマカンを旅すると このタマリスク・紅柳とも言うのだが ちらほら見られる。  色のない
砂の世界に 優しいピンクの花は新鮮だなぁ。  以前、この砂漠の奥地に旅された椎名誠氏も
タマリスクの事を何度も書かれていた。  砂漠の東部の川に近いところはまだしも、中心部では
水の確保も厳しい。  この写真は 縦断道路に沿ったところ。  黒い細いホースが地面に張られて
いて 定期的に水が補給されていた。
どんな小さな草木も UAEと同じでホースからの吸水が要る。 日本のように雨に恵まれていれば
はびこる雑草に悩むのだけど。  乾燥に強い植物だけが 砂漠で生きられる。
大きな胡楊の木と タマリスクの花は、タクラマカン砂漠の2大植物と言っていいようだ。
砂漠を旅すると 植物に対する思いも深くなるなぁ・・・。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2013/03/16(土) 10:22:07|
  2. 中国ー新疆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (80)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (199)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード