旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

手仕事

ふとん2
マレーシアにはトランジットを含めて3回くらい行っている。 印象は、モスクの美しい国。 
ツインタワーも目に焼き付いている。(笑)  現地のオジサンガイドは「我が国は立派なビルも林立したし
近いうちにサミットに出る国になる」と言ってた。 それからもう10年以上になるんだけど・・・。
当時のマレーシアなど南アジアでは 木の彫刻に可愛く色付けした雑貨、扇子、コットンのワンピースなど
手の込んだ小物を扱う店がとても多かった。 あの広い空港内にもそんな店がズラッと並んでいて和んだ。
これはその時に買ったクッションカバー。 表の面にびっしりと刺繍があって同じものはない。
よく見れば雑な仕事?と思うが 大変な手間だ。 私はグレー系のを買ったが 様々な色や模様があった。
しかし、2年前に行くと 空港のあの辺りは様変わりしていた。 雑貨屋など一軒もなく、ブランド店ばっかり!
世の中がすべて「カネ」になった。 ブランド品など見たくもない。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/14(木) 11:24:42|
  2. マレーシア
  3. | コメント:5

ロンジー

sarasa.jpg
コタキナバルの普通のスーパーに売っていて とても安かった。
ワッカに縫ってあって 男たちが普段着にスカートみたいに穿くロンジーだ。 インド人も田舎では穿いていて
ルンギと言うそうだ。 丈夫な目の詰まった木綿で出来ている。 これが土産物屋に並ぶと倍以上の値段に
なる。 ジャワ更紗の柄がとても気に入って購入してみた。 まさか穿くわけにもいかないから 何度か
水洗いなどして柔らかくして袋物にでもしようか。 値段は忘れてしまったが 私は高いものなど買わない
ので スーパーの庶民価格だったと思う。 これはやはりジャワ系の柄で、インドのとは一味違う。
インドはジャイプールで型染めの更紗工房に行って、実際に型を押してみる経験をしたが この柄とは
根本的に違う雰囲気だ。 アジアの更紗が沖縄の紅型にも影響を与えたと聞いたが なるほどあれも独特な
もので、更紗に通じている。
  1. 2015/09/05(土) 22:36:16|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4

ショウジョウヤシ

DSCN1025.jpg
短い旅で 写真を撮る機会もどうも少ない。  おまけに雨季で雨の日が続く。
コタキナバルの動物園では ほぼ唯一と言っていい降らない日で、そこで写真を稼いだ。(笑) ちょうど珍しい
植物も多くて勢いづく。  この木は真っ赤な幹がきれいで 遠くからもよく目立つ。  日本に帰ってから
調べると これはショウジョウヤシと判った。  東南アジア原産で なるほど、この辺には多いわけだ。
シンガポール植物園のロゴマークにもこれが使われている。  竹と同じようなフシが出来るちょっと不思議な
植物だ。  赤くなる理由はなんだろう・・・。  何かを目立たせる必要があるんだろうなぁ。
特に 南国の伸びやかな植物群にはエネルギーをいっぱい感じる。  ここを歩いていても 何度も深呼吸を
して青々とした空気を思い切り吸った。  時には動物の匂いが!(笑)     
  1. 2014/06/10(火) 11:22:57|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4

キャッサバ

DSCN1015_0002.jpg
コタキナバルの動物園は 市内からクルマで40分ほど山道を登った場所にある。
あるがままの自然を生かした感じの なかなか素敵な動物園だ。 動物の数はそれほど多くなくて 無理して
ないなぁと好感が持てる。(笑)   で、更にいいなぁと思ったのが 植物園も兼ねているかのような 熱帯の
いろんな木々が普通に繁茂している所。  珍しい花や植物に目が行って ガイドにいちいち聞いてみた。
その中のひとつ、これはキャッサバだ。 美しい形の葉だ。 熱帯の人々が昔から栽培しているお馴染みの物。
調べてみると この葉はカレーに入れたりして日本でも愛用者がいるそうだ。 台湾などでもイモがデザートに
よく使われる。 動物園内のあちこちに何気なく茂っていた。 
動物園で 私は植物観察に終始してしまったのだった。(笑)
  1. 2014/06/04(水) 10:38:00|
  2. マレーシア
  3. | コメント:0

熱帯市場は楽しい

DSCN1129.jpg
ボルネオ島マレーシアのビンツルの町。  雨季はやっぱり手ごわかった。  雨季とは果たしてどれくらいの雨が
降るのか、一日中降るのか どうも分からない。 ガイドブックにはそれほどとは書かれてなかったので
ま、いっかなどと安易な気持でいたが これが連日の雨で それも観光に影響するくらいのイヤさ加減だった。
そんな訳で 渋滞する街中をバスで潜り抜けて 大きな市場見物。          熱帯の市場は面白くて つい
雨の鬱陶しさを忘れた。  ここは野菜と果物が9割を占めていて 同じようなものを並べる小さい店が多い。
当然ながら これはナニ??と初めて見るものもあって 品の前で考え込む。  聞いても通じなくて ますます
考える。(笑)  このサボテンみたいな茎はいったい何だろう。  食べ物だよね~。
食べ方も味も見当が付かない。 ほかにも葉っぱの束とか 柿のような果物とか 知らないものがたくさんだ。
日本の中でも離れた地方では 知らないものに会う。 ましてや熱帯、面白すぎる。
  1. 2014/05/31(土) 11:07:00|
  2. マレーシア
  3. | コメント:4
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (48)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (4)
中国ー張掖 (16)
中国ー蘭州 (18)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (3)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (196)
植物 (59)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード