旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

カラスウリ

カラス

秋には枯野に真っ赤に色を添えるカラスウリの実。    その花はこのような華麗な姿をしている。
夜から早朝にかけて開くようで なかなか満開のあでやかさを目に出来ない。  うちの近くの郵便局の
駐車場の片隅に前からあったのは気付いていた。 花の時期は短いので 早くから目をかけていないと見逃す。  
 もちろんツル植物で葉っぱはブドウの葉に似た美しいカタチと色だ。  つぼみのうちは黄緑色だが 開くに
つれて白さが増してくる。  何本もの細く裂けたような花弁はいったいどうした事だろうと思ってしまう。
華麗なのに悪魔のような花姿は・・・たぶん理由があるのだろうけど。
そしてまだ不思議がある。 カラスウリのタネの形がユニークで 通称「打ち出の小づち」と言われている。
むかし 知人に貰った事があってその時に教わった。 カラスウリはマコトに自然界の「不思議アーティスト」だ。

スポンサーサイト
  1. 2017/06/23(金) 10:11:13|
  2. 植物
  3. | コメント:4

雪の下

雪の下1

今、雪の下の花が満開だ。 花弁の長さや形が不思議に組み合わされた珍しい姿。
昨年の秋、遠くに引っ越す友人が貰ってほしいと言ってきた。  その時は小さな鉢にびっしりと葉が並んでいた。
帰ってすぐに大鉢に植え替えたら ぐんぐんと根を張って葉も大きく育った。 春になると赤いヒモのような触手?を
いっぱい広げて 花芽もたくさん出た。 5月の暑いほどの陽気で見る間に伸びて開花。
東北の竿灯の祭りのような茎と花だ。 小さい頃、近所の石垣に自生していた雪の下、葉っぱをたまに天ぷらに
して食べた記憶がある。 雪の下は薬草で、中耳炎や気管支炎に効くそうだ。 成分的にもずいぶん多種の有効な
ものが含まれる。 野草って凄いなぁ。  乾燥すればハーブティーにも使えそう。 
今では付近であまり見かけない けっこう目新しい植物かと思うが、日陰を好むから目立たないだけだろうか。
  1. 2017/05/26(金) 07:28:20|
  2. 植物
  3. | コメント:2

黒キャベツ

キャベツ

ひょんな事から「黒キャベツ」が手に入った。 10cm丈の貧弱な苗だった。 近所のホームセンターの
苗売り場のスミに 赤札が付いて幾つか並んでいた。 たくさん仕入れたけど残っちゃいましたって感じで。(笑)
これは寄せ植えに面白いかも!と手に取った。 ラベンダーやヒューケラと共に大鉢に植えてみた。
最初はとても貧弱で いいのかな?と思ったが 何とどんどん成長して今や他を押しのける勢いで主役になりきって
いる。 こんなに成長が早いとは!! ちょっと調べてみると・・・イタリア野菜で CAVOLOと言うそうだ。
料理法もいっぱい紹介されている。 う~ん、しかし葉っぱが硬そうであまり食べたい感じじゃないなぁ。
煮込めばいいのかも知れないが。  このまま育てたらガンガンと成長して・・・どうなって行くのやら。
トウが立って 黄色のキャベツの花が咲くんだろうな。 もしかしたら 今が一番の見ごろかも知れない。(笑)
  1. 2017/05/09(火) 17:49:40|
  2. 植物
  3. | コメント:2

満天星



今年は春がちょっと遅い。サクラも平年なら終わっているが 今満開だ。 満開と言えば これも。
満天星と書いてドウダンツツジと読む。  まさに満天の星のよう。 うちに古い木が一本あり、毎年 春と秋には
見事な見せ場を作ってくれる。 秋には葉が紅葉し、真っ赤に染まるが 移ろいが早く、ちゃんと旬を掴みたい。
サクラのように 決して華やかではないので、静かに「満開」を眺める。 木の丈は1mもない。
山に自生する物も多いようで 岐阜県の実家近くでも馴染みの木だ。  そしてその地には 満天星の名を
付けた有名な和菓子屋もある。 作家の小川糸さんが取材し、栗菓子などの話を載せている。
ツツジの名があっても 普通のツツジの花とは違い、まるでスズランのような1cmくらいの花で 香りはない。
そこだけ真っ白になってしまうくらいの咲き方だ。 うちでも、これが咲くと本格的な春だなぁと毎年思う。
  1. 2017/04/13(木) 09:54:53|
  2. 植物
  3. | コメント:0

沖縄で出会った


 
12月の中旬、突然でもないが沖縄に行った。 中国旅の話の途中だが とりあえず少し沖縄バナシ。
いつもより何故か気温の高い那覇だった。 日中の気温が26度にもなり 少し歩くと暑いくらいで 驚いた。
もう4度目でもあるし、勝手知ったる場所も多い。 いつも何となく行ってしまう「栄町市場」にまたまた足が向く。
決して気取らない、あけっぴろげの場所だ。 ゆる~りと見て回ったあと 違った道を帰り始める。 ここではいつも
何かに出会う。 今回はコレだ。 ふと足を止め イガイガの実に目が釘付け。   なんだこれは???
ドリアンの子供か? なワケは無いなぁ~。  よく見ると エ? 花が咲いてた。エンゼルトランペットだった。
ダツラとも呼ばれるし朝鮮アサガオともいう お馴染みのあの花。 葉がまさしくそうだ。  うちの近所にもこの木なら
あるが こんな実を見るのは初めて。 暖かな沖縄だから実が付いたのか。 5cmくらいの大きさだ。
沖縄ではやっぱり なんか不思議な物に出会える。
  1. 2017/01/12(木) 20:48:13|
  2. 植物
  3. | コメント:6
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード