旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

アラブ衣装

DSC00277_convert_20120326095239.jpg
これはオマーンの店だが アラブ諸国にはどこにも 民俗衣装を扱う店がたくさんある。
土産にする人もいるので 観光客の行くスークには必ず売られている。   アラブの男性が普段着ている
まっ白いガンドゥーラや 頭に被るスカーフに輪っか、オマーンのスークにも たくさんあった。
もっともアラブを象徴するものとして 誰もが店でマジマジと手に取り、試着するひとも多い。
欧州系の白人が 衣装一式を試着して購入する様子を見たが ま・・・似合ってないコトも無いが、何だか
イマイチ。(笑)   アラブの衣装は やっぱりアラブ人に限るなぁ。   うんと濃い顔のヒトに似合う
ようになっているのだ。  日本人にはどだい不向き。(笑)
和服を外国人が着ると どーもオカシイのと一緒だ。   このアラブ衣装、まずはドバイの空港で目の
洗礼を受ける。   空港の係員の制服がコレだからネ。  長身でイケメン揃いの彼らが真っ白の装いで
姿勢よく歩くサマは ホント絵になるのだ。

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2012/03/26(月) 09:55:38|
  2. オマーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

街角 その①

DSC00262_convert_20120216094547.jpg
何と言うことの無い 普通の街角が好きで 必ず何枚か撮る。   きょうは シリーズその①
これはオマーンの街角だ。  壁を白くする決まりがあるそうで 至るところ白い。 アラブの街は
それだけで素敵だが、ここも何かワクワクするような空気があるなぁ。
おまけに 街路樹がナツメヤシと言う事もあり、よけいに雰囲気を盛り上げている。  ここは海に面した
道路が続く地形で それに沿って街が展開している。  客船で着岸したので 船から見ると 赤っぽい
岩山ばかりの土地で たぶんそれを崩しながら作られた街ではと思う。
木が全くない 鉱物質の感じの岩山は少し異様だ。 そんな所に街を造って木を植えて 潤いのある場所に
してしまった人間は やはりすごい。   
オマーンの印象は 太陽の町。 雲ひとつ無い青空ばかりが続くと言う。 3月のこの時、昼間はもう
30度だった。 カラーンと開放的で真っ白な美しいオマーンの街 懐かしい。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2012/02/16(木) 10:09:46|
  2. オマーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

驚きの事故

DSC00484_convert_20120115085758.jpg
昨日、驚くようなニュースが飛び込んで来た。
イタリア中部の海で 大型客船が座礁したと言うのだ。  イタリアの船とだけ 聞いたが あとでそれは
コスタ・コンコルディアと分かった。 コスタ・クルーズの船だった!
無残にも横倒しになって もう二度と優雅な姿で航行できないだろうなぁと 余りにも哀れな姿に言葉も
無かった。 10万トンを超える大型客船と言えども 海洋を行く姿を空から見れば ただの小さな木の葉。
どんな叡智をもってしても、所詮 自然や天候 地形の難所には抗えない。
今回は 船長の航行ミスのようだ。 ひとたび航路を誤れば 座礁してしまうほどの難所だったのだ。
思えば…地中海あたりは そのような地形がたくさんあるのかも・・・。 もの凄い数の船が行き来している
訳で、各船 緊張を強いられるのだろうなぁ。  
私が利用した船は このコスタ・ルミノーザ。 事故の船とは姉妹船なのだ。
今回の事故は とてもヒトゴトとは思えなかった。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/15(日) 09:02:17|
  2. オマーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

鍾乳ミフラーブ

DSC00235_convert_20111224093740.jpg
オマーンの カブースグランドモスクのミフラーブの風景は 前にUPしたが そこをもっとよく見ると
このようになる。 イスラム建築によく見られる鍾乳型のデザインだ。
初めてイスラムの建築を見たのは モロッコだった。 美しい幾何学の模様と 青の使い方に驚いた。
こうした鍾乳形式は ミフラーブ以外にも 小部屋にも用いられる。 
この、ただでさえ微妙なドーム型空間に いったいどんな計算をすれば 複雑な凹凸、そして永遠の美を
込めたカタチが収まっていくのか・・・途方も無い空想にアタマは いよいよこんがらかる。
設計図があるとすれば どうやって描かれているのか。  人間とは凄いものだなぁ・・・。
このモスクは巨大で、そして上品な美しさを備えている。
春だったが、すでに昼間は30度近い気温と まぶしい陽の光り。  夏の暑さを予感させるヨ・・・。

テーマ:異文化を楽しむ! - ジャンル:海外情報

  1. 2011/12/24(土) 09:41:17|
  2. オマーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

魚市場の様子

DSC00182_convert_20111206102331.jpg
先日 のんびり魚市場 で紹介した オマーンの現場だ。
入り口を入ると もうこの風景がすぐに広がっている。  いやぁ 何てのどかな楽しい景色かと一気に
気に入ってしまった。  あの記事にも書いたが 氷が全く無いのがわかる。
初め、それがとても不思議だった。  エ? 氷・・・無くてもいいの?
こんな土間に並べていいの? って感じで。  その日に揚がったとりどりの魚が自由に置いてある。
でも、魚臭さはほとんど感じなかった。  特に威勢のいい掛け声が挙がるわけでもなく、のんびりと
和気あいあいの雰囲気で取引が行われていた。
一般の買い物客も来ていたが やはり男性がほとんど。  ごくたまに 黒いアバヤの姿がポツポツ。
以前、エジプトの魚市場に行った時も これ以上にのんびりしていた。 氷もほとんど無かった。
いろんな国の現場を見ると 日本に於ける「魚事情」が そうなのか!と解かってくるなぁ。

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

  1. 2011/12/06(火) 10:28:05|
  2. オマーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (56)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (34)
中国ー北京 (117)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (44)
中国ー江南 (22)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (110)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (129)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (84)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (38)
本 (58)
未分類 (201)
植物 (69)
CD (1)
言葉 (1)
日本発着クルーズ (30)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード