旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

空港の礼拝所

いすらむ

羽田空港の国際線 Lカウンター近くにイスラムの礼拝所が設けてある。
4年ほど前の拡張時に設置された場所だという。 関西空港や福岡の空港にもあるそうだ。 欧米では至極
当たり前の風景だと言うが 日本ではまだまだ珍しいのかも知れない。 ネットで見てみると おもてなしの
精神で などとあったが、それは「もてなし」とは別の話なのではないだろうか。 日本の仏教などでは祈りの
時間などが決まってないが イスラムでは時間も大きな問題。 昔、モロッコで現地ガイドがホテルに着いた
途端に ロビーのじゅうたんにひれ伏して祈っていた。 客を案内する前にだ。 それほど戒律を守っているんだと
微笑ましく見ていた。 この羽田の礼拝所には身体を清める水場ももちろんあるそうだ。 メッカの方角を表す
矢印もあるのだろうか。 近づく東京五輪に備えて この方面への配慮も当然ながら欠かせない。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/28(土) 09:20:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

富士山はエラい

ふじ

きょう7/1は富士山の山開き。  中国旅の最後、もうすぐ羽田という時 日本は厚い雲に覆われていた。
下はまるっきり見えず・・・と思っていたらいきなり頭を出していた富士。 日本で一番高い山って事は誰もが
知るのだけど こうして見るとその事実にびっくりすると同時に やっぱり!と目が釘付けになる。
あの歌の通りなんだなぁ~。 世界のいろんな場所で山を見て来た。 みんなそれなりの雄姿だ。 やっぱり
パキスタンの山々は凄かった。 ナンガパルバットもシスパーレも美しかった。  この世から隔絶された感があり、
人が神と崇める気持ちもよく分かる。  でもでも! 富士は別格。    単独でスクッと立つきれいな円錐形。
海外の長旅から帰った人も 到着間近に見る富士の姿に 帰国の実感を得ることだろう。
この旅の最後にこのような富士山を眺められたのは 大きなオマケを貰ったような嬉しさだった。
  1. 2017/07/01(土) 08:13:03|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

どこの空撮?

2

アフリカか南米の乾燥地帯の空撮・・・かと思いきや、大きな入れ物に混ぜて入れた砂だ。(笑)
いま、断捨離を決行していて身の回りのモノを厳しい目で検閲している。 まぁ かなりの品は不用品の箱や
袋に直行。 この15年、いやもっとかな 旅の思い出を入れて眺めていた棚をほぼカラにした。 その中に砂漠の
砂があった。 数センチのガラス瓶に入れて「貴重品」扱いしてきたが もういいか!と捨てることに。
大きめのボールの中に次々と入れて ふと混ぜてみるとマーブル模様に。  うわ!なかなか美しいなぁ~。
自分が行った場所の砂がほとんどだが 友人がくれた物も一部。 白いのはグァム、グレイのがタクラマカン、
赤茶色がサハラ、もっと濃いのがヨルダン、ベージュはシナイ半島、UAE、あとは チュニジア、タール砂漠、いちいち
思い出される数々の砂の地帯。 ラクダに出会ったり、クルマがハマって動けなくなったり 暑さにヘキヘキしたものだ。
  1. 2017/05/29(月) 11:21:45|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

コインをまとめた

コイン
もう何年か 余ったコインを一つの缶にジャラッと入れていた。 その缶もずっしりと重くなって
何とかしないとなぁ・・・と収集ケースをしばらく探していた。 ネットで見つけたのがこれだ。(笑)
フエルアルバムのように枚数が増やせる。 個々の袋になっているのでラクだし、まとめやすい。
しかし、困ったのがコインの国。 目を凝らしてよぉく見てもなかなか判別できないものもある。
虫眼鏡やネットで調べたりして分けるのに時間がかかった。  ダブってるのも多くてそれは除外に。
こんなコトもやってみると意外に面白いもんだ。 旅を思い出す事も多いし。 
余った紙幣は別のファイルに入れている。 旅の時間のあとも 少しでも楽しみを保存したい。
  1. 2016/06/22(水) 09:37:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

ひたすらマーマレード

ジャム
うちには甘夏の木が少しある。 静岡県のこの辺りは 田舎ではどの家にも柑橘系の木がそこそこ
あって、全然珍しい風景ではない。 キンカン、ハッサク、レモン、普通のみかん、甘夏など そこら中で
目にする。 それぞれの旬があり、採れる時期が違うのが面白い。レモンなどは正月過ぎだし、キンカンは
2~3月。 甘夏は4~5月だが何と花はもう散っている。 花も実も同時に付くってなかなか面白い。
うちのは無農薬(というか 放ったらかし)なので 水洗いだけで皮も使うマーマレードが安全にできる。
大ぶりの甘夏1個分が1ビンにギュッと凝縮。  今年は何回も煮た。 ほぼすべてが友人の所にいく。
今は ビンもラベルも可愛いのがカンタンに手に入るので 手作りネツが上がる。
しかし・・・木の高いところにはまだ幾つかミカン生っていたなぁ。 もう鳥にやろう~。
  1. 2016/05/14(土) 21:28:43|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (54)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (80)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (8)
中国ー大同 (23)
中国ー黄土高原 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (199)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード