旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

灯篭花

とうろう

蘭州の街エリアの街路樹が気になった。  枯れ色の物がワァ~とくっ付いた木が並んでいる。
初めは 一部が枯れかけているのかと思ったが どうやらそうではなく 何かが生っている。 こういう時、単独の
旅はいい。 あれを見たいからと言えばすぐにクルマを路肩に駐車してもらえる。
小さな公園になっている場所でクルマから出て近づいてみると、やっぱり不思議なものが生っている。
5cmくらいのカサカサしたタネみたいだ。  ガイドに聞くと 確か「灯篭花」だと言う。 そういえば盆の灯篭に似た
カタチだ。 風に煽られて遠くに運ばれる格好だ。  どこに行っても目を凝らしていれば 初めて出会う植物が
割にある。 季節も大事だなぁ。 この灯篭のまん中にはいくつかのタネが組み込まれている。
これはさすがに拾って来なかったが。(笑)   黄河の濁った色や 乾いた風景が思い出される。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/28(金) 11:29:34|
  2. 中国ー蘭州
  3. | コメント:0

お茶はジョッキで

ちゃ

中国は有名な陶器の産地で 昔からいい物がたくさんあり、売ってもいる。 しかし、庶民が普段 お茶を飲むとき
普通のガラスのコップが使われる。 昔、初めて中国を訪れた時は驚いた。 ねじるフタのあるインスタントのコーヒー
の瓶がみんなのポット代わりだった。デパートの店員まで勤務中にもガンガン飲んでいた。
食堂では普通のガラスのコップで、それにも驚いた。何で茶碗じゃないの? コップの底には茶葉がモワッと浮いてて
沈んでから飲む。 面倒くさいなぁと思った。 そして今回の河西回廊の旅では 何とジョッキ登場! 蘭州と天水の
2回あった。 普通のコップのように熱くないし持ち良いからまぁいいのだが、ジョッキとはね~とびっくりだった。
日本でこれをやったらどうだろう。(笑)  乾燥した中国では お茶は恰好じゃなく 喉の必需品だから 見栄も外聞も
なく実質的にドカンと必要なんだろうか。 けっこう出がらしっぽい味で 茶を愛でるなんて遠いハナシだった。
  1. 2017/04/24(月) 17:24:20|
  2. 中国ー天水
  3. | コメント:2

サンザシ加工品



私たちが訪れた11月半ばは ちょうどサンザシ(山査子)の採れる季節。 村の一角に生のサンザシをいっぱい
並べて売っていた。ガイドも 奥さんが今はサンザシのジャム作りに大忙しだと言っていた。
蘭州のホテル近くのスーパーに夜 行ってみた。 そこで目にしたのは多くのサンザシ加工品。 これもその一部。
タネ部分をくり抜いて 水煮だろうか、ずいぶん安い価格だ。 これを買えばジャムやお菓子作り?にラクに着手
できる。 昔ながらの「サンザシ飴」も 今はあまり見なくなった。 あの酸っぱい成分は喉の保護にとてもいいそ
うだ。 中国の都市部は北京に留まらず 空気がとても悪い。 おまけに乾燥した内陸性の気候だから 喉が
いがらっぽくなる。 蘭州あたりの湿度を見ていると 20%台の日がけっこうあった。 
このサンザシ・・・どうして日本には無いのだろう。  何でも取り入れる日本なのに植木すらほぼ見かけない。

  1. 2017/04/21(金) 11:19:25|
  2. 中国ー蘭州
  3. | コメント:2

人参果

み2

旅の行程を辿って来て 大体の流れが終わった。 これからは 合間に見たいろいろを思い付くままに書こうと
思う。 初めに蘭州に着いた時、市内のスーパーに寄ってみた。 旅の初めなのでほとんど買わずに過ごしたが
スーパーはその地の住民のリアルタイムが分かる楽しさがある。 友人と二人、「これって何だろう?」とか
「エー! 凄いね」などと言いながら 意味不明、実態不明なものと出会いながら面白い時間を過ごした。
分からない物の一つにこれがあった。 8~10cmの大きさの果物で 無地や縞模様がある。 日本のような
アミアミの帽子を被っている。 後日 ガイドに聞き、「人参果」だと知った。 張掖の駅前でも見かけたので一個
買って試食したが美味しくなかった。 古来、三蔵法師が好んで食べたそうだ。 帰国して調べると「ペピーノ」だと
分かった。 ナス科で アンデス、ニュージーランドが主産地。 人参果とは不思議な名前だなぁ。
  1. 2017/04/15(土) 13:32:55|
  2. 中国ー蘭州
  3. | コメント:2

満天星



今年は春がちょっと遅い。サクラも平年なら終わっているが 今満開だ。 満開と言えば これも。
満天星と書いてドウダンツツジと読む。  まさに満天の星のよう。 うちに古い木が一本あり、毎年 春と秋には
見事な見せ場を作ってくれる。 秋には葉が紅葉し、真っ赤に染まるが 移ろいが早く、ちゃんと旬を掴みたい。
サクラのように 決して華やかではないので、静かに「満開」を眺める。 木の丈は1mもない。
山に自生する物も多いようで 岐阜県の実家近くでも馴染みの木だ。  そしてその地には 満天星の名を
付けた有名な和菓子屋もある。 作家の小川糸さんが取材し、栗菓子などの話を載せている。
ツツジの名があっても 普通のツツジの花とは違い、まるでスズランのような1cmくらいの花で 香りはない。
そこだけ真っ白になってしまうくらいの咲き方だ。 うちでも、これが咲くと本格的な春だなぁと毎年思う。
  1. 2017/04/13(木) 09:54:53|
  2. 植物
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (48)
インド (246)
中国 (11)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (16)
中国ー蘭州 (22)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (59)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (196)
植物 (60)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード