旅のミラクル

旅に出て気が付いた なるほどな風景、モノ、スキマ写真のいろいろ

雲崗石窟へ



大同市内から西に20km、世界遺産の雲崗石窟へ。 またもや自然の山を利用した巨大な石窟だ。
何年も前に行った経験のある知人に聞くと、あそこは年々手が加えられて どんどんつまらなく加工されて
行くと言う。 そう言えば私たちも ここの入り口の大きな石柱は見事に新しいゾと気づいた。
(ここに至る前で 写真には写っていない)
次々にエンタメ化してモデルパークみたいになってしまう。  世界遺産をどう捉えるかは難しい問題だ。
巨大な仏像も幾つかあるし、細かなレリーフのようになった色の鮮やかな飾りも数えきれないほどある。
40窟ほどあって窟の中はフワッと薄暗く 撮影も禁止。 ガンダーラ文明の影響もあるそうだ。乾燥地ならでは
のアッケラカンとした風景だが、千年もの重みを背負っているんだなぁ~。

スポンサーサイト
  1. 2017/09/22(金) 08:38:34|
  2. 中国ー大同
  3. | コメント:0

メニューチェック表



前回UPのチェーン店のメニューだ。  各テーブルに置いてあって希望の品をチェックする、日本にもある
システム。「孫家包子」というチェーンだ。 ものすごい数の品があってどれもが気軽に食べられる価格。
このメニュー、写真は半分が写ってるくらいで もっと縦に長い。 目が回るほどの漢字の列だ。
当たり前だが、よぉく見ないと意味分らず。(いや、見ても分からないけど・・・)   でも日本人なら漢字を
見ればな~んとなく理解できるものもあるね。  これ、欧米の人は面食らうだろうなぁ~。
店内も駐車場も広~い。 お客もとても多い。  包子と名が付く店なので やはりその類も多くて 近辺を
見回しても注文する人はたくさんいる。 日本のように ご飯を一緒に頼む事はないので あくまでも包子は
主食だ。 日本では考えられない物を包んだりするので中身が楽しみ。 大根とかネ。

  1. 2017/09/20(水) 13:48:34|
  2. 中国ー大同
  3. | コメント:2

チェーン店で昼ごはん

ひるごはん

懸空寺を見学したあとでお昼になった。 この店はチェーンになった店で 何店舗かあるそうだ。
とても広い店で、まぁ そういう店舗ならではの高級感とは無縁の大衆的な店内だった。 たった二人の旅で
現地のガイドは予算内であれば どの店を選んでもOKなのだろう。   時間や道路状況に応じて選んでいる
様子だった。 20人以上も連れたツアーであれば予約も要るし 時間配分も難しいはずだが その点こういう旅は
ガイドもラクかな。(笑)   中央にあるのは私が希望を出した「涼粉」(リャンフェン)だ。 この中にチラッと見える
が、寒天のようなものが入っている。 キノコの炒め物や ナスの味噌炒め?、饅頭類。
中国のおかずは何気なく見えてても本当に美味しい。  これらの野菜類は全部が山西省の特産ばかり。
こじゃれたレストランより 普通の食堂をいつも希望している私たちには打ってつけの昼ごはんだった。
  1. 2017/09/18(月) 09:42:46|
  2. 中国ー大同
  3. | コメント:2

懸空寺に上がる

けんく2

前回にUPした懸空寺にはもちろん中に入って見学が出来る。  中程度の川の橋を渡って岩山に作られた細い
道を登る。 通路はもちろん一人分の巾しかなく、いくら中国人でも先を争っては登れない。(笑)
写真は ちょうど寺と寺の間の通路部分だが、寺院の中では上の階に昇る階段もある。 大きな鋲を打った
狭い木製の階段だ。  世界の10大危険建物の一つに入るそうだが、その為に人数制限があるらしい。
しかし、それを示すものは何もなく、流れのままどんどん入場が進んでいく。 こうして時々振り返ってみると
やっぱり怖い。 寺院の黄色い屋根が空間に反り返っている。 下にいる人たちがうんと小さく見える。
寺だからもちろん仏像がたくさん安置してあって やはり古さが際立っているが それらを見る事がどうしても
二の次になる。(笑) ここに登って下を見て 降りるまでが「見学」の大きな目的になるような・・・。(苦笑)
  1. 2017/09/16(土) 08:11:46|
  2. 中国ー大同
  3. | コメント:2

懸空寺へ

けんくう

またまた険しい崖の上に建てられた寺院。 中国には 本当にこう言った凄い場所に建つ寺や仏像が多い。
大同の市街地からだいたい60km、先にUPした黄土高原の黄色っぽい起伏の多い風景を見ながら南東に
進んだ場所だ。  大きな岩山が見えたなぁと思うと何と その裏側がこれだった。
有名な観光地なので 中国人も大変に多い。 この崖の下を川が流れていて 橋を渡って寺院に行く。
寺は古くて 何と5世紀末に仏教・道教・儒教の3つが一体になって建立されたそうだ。
昔はもっと川の面が低く、つまり寺院は高い位置にあったようで 今よりももっと秘境だった訳だ。 何本も見える
つっかい棒は実は見せかけで、安全に見せるために下がっている。 こんな細い棒が役立つはずが無いのだ。
機械もない当時、どうやって建てたのか、中国のこうした寺を見るたびに 人間の凄さと宗教の重みを考える。
  1. 2017/09/14(木) 09:31:44|
  2. 中国ー大同
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

霧のまち

Author:霧のまち
         (女性です)
静岡の海辺の町からこんにちは!
旅に出て見たもの、考えた事などを
ランダムにUPします

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

世界の駅・ホーム (50)
インド (246)
中国 (12)
中国ー天水 (9)
中国ー張掖 (17)
中国ー蘭州 (25)
中国ー厦門 (22)
中国ー上海 (18)
中国ー北京 (68)
中国ー新疆 (138)
中国ー杭州 (5)
中国ー天津 (4)
中国ー西安 (4)
中国ー平遥 (13)
中国ー太原 (7)
中国ー大同 (20)
エジプト (31)
グァム (19)
ロシア (32)
スペイン (35)
トルコ (30)
モンゴル (69)
モロッコ (50)
ウズベキスタン (78)
UAE (110)
パキスタン (86)
オマーン (30)
マレーシア (33)
沖縄 (63)
ブルネイ (10)
台湾 (26)
ベトナム (53)
身近な旅 (22)
本 (58)
未分類 (198)
植物 (63)
CD (1)
言葉 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード